ディーン・フジオカ、新月9「シャーロック」クランクイン 岩田剛典との初共演に期待「一緒に楽しんでいけたら」

モデルプレス

2019/9/4 05:00

【モデルプレス=2019/09/04】10月7日スタートの10月期フジテレビ系新月9ドラマ『シャーロック』(毎週よる9時)に主演するディーン・フジオカが、このほどクランクインを迎えた。

◆ディーン・フジオカ、新月9ドラマ『シャーロック』クランクイン



ミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作にしたミステリーエンターテインメントで、“令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なストーリーが描かれる同作。

原作上の“シャーロック”に該当する誉獅子雄(ほまれ・ししお)を演じるディーン。この日の撮影は、謎の死を遂げた消化器内科医師の過去をひもとくため、犯罪捜査の専門コンサルタントである獅子雄が被害者の大学時代の教授を訪ねるシーン。西谷弘監督と綿密にすり合わせながらディーンならではの“シャーロック”像を丁寧に探っていく。

◆ディーン・フジオカ「同窓会みたいな感じ」



キャラクター創造についてディーンは、「今日いろいろと試すことができたので、監督とコミュニケーションを密にとりながら、より輪郭がはっきりとした“シャーロック” 像を作っていけたらいいなと思います」と、確かな手応えを感じている様子。

西谷監督とは2018年4月期の木曜劇場『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』以来、約1年半ぶりのタッグだが、ブランクを感じさせない息の合ったやりとりで、ディーン自身居心地の良さを感じているという。

「(西谷組は)同窓会みたいな感じですね。この現場の居心地の良さを今回初めてご一緒する方にも浸透させていけたらと思います。長いようで短い1クール、記憶に残るようないい思い出をみんなで一緒に作れたらいいなと思っています」と、スタッフ、キャスト一丸となって取り組む姿勢を見せた。

今後バディを組むことになる、原作上“ジョン・ワトソン”にあたるキャラクター、若宮潤一(わかみや・じゅんいち)を演じる岩田剛典との共演も近々に控え、「岩ちゃんとは次の撮影現場で初共演になります。リハーサルでいろいろトライしてきたので、間の感じやタイミングは分かってきています。現場でいかに遊んで、一緒に楽しんでいけたらと」と期待に胸を膨らませた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ