秋元康氏、“昭和の歌姫”復活に感動「奇跡」 天童よしみは涙止まらず


作詞家の秋元康氏と歌手の天童よしみが3日、東京・渋谷のNHKで行われたNHKスペシャル『AIでよみがえる 美空ひばり』(総合 9月29日21:00~21:49)の番組取材会に出席した。

長きにわたり歌謡界のトップを走り続けた昭和の歌姫・美空ひばりさんの没後30年を迎える今年、同番組では最新のAI技術によってひばりさんを現代によみがえらせる試みに挑戦。過去の膨大な映像を解析しながら、歌唱中の目や口の動きを抽出し、4K・3Dホログラム映像で等身大のひばりさんを出現させる。AIひばりのために新曲「あれから」をプロデュースしたのは、生前最後の曲「川の流れのように」を作詞した秋元氏。振り付けは、天童が担当した。

この日行われた収録で、AIでよみがえったひばりさんと対面した秋元氏は「AI技術はここまできたのかと感動しました」と技術に驚いた様子。そして、「何よりも感動したのは、美空ひばりさんが亡くなって30年経っても、これだけ会いたいという方が多くいらして、その中でひばりさんが新曲を携えてみなさんの前に現れた奇跡に感動しました」と語った。

天童も「30年ぶりに大好きなひばりさんと会うことができました」と目を潤ませながら語り出し、「幼いころから大尊敬しているひばりさんのような歌手になりたいという一心で今日まで歌手として頑張ってきました」とひばりさんへの思いを告白。8歳のときに子役で芝居に参加した際に初めてひばりさんに会い、優しく接してくれたというエピソードも明かした。

さらに、「ひばりさんが目の前に現れたときは、少し固まってしまいました。目と目が合って、ひばりさんがそこに本当にいらっしゃるんだって、涙が先に出てきたのは初めてです。もう止まることなく涙が流れました。そのくらい感動しました」と語り、「私のようなものがひばりさんのプロジェクトに参加させていただいたことに感謝を申し上げます」と感謝の思いを述べた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ