マインドコントロールされないで! モラハラ気味の彼の行動

fumumu

2019/9/3 18:00

ケンカするカップル(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
恋愛関係において、本来なら上下関係は存在しないはず。それでも、巧みに相手をコントロールして、自分が優位に立とうとする人は残念ながら存在します。

今回は、彼にコントロールされていたと自覚した女性たちに、彼のどんな行動でそうなってしまったのか、詳しい話を聞いてきました。

(1)口癖は「どうして俺のこと考えてくれないの?」


「元カレは、すぐに『どうして俺のこと考えてくれないの?』と被害者アピールをする人だったんです。付き合っていたときは、そう言われると自分が悪いことをした気分になって、すぐに謝っていました。


友達に彼のことを話すと、必ず『彼が悪いのになんで謝るの?』と怒られていたんですけど…。考えが麻痺していたんですよね。彼が悪いなんて、まったく思いませんでした。


友達の助言のおかげで少しずつ正常に考えられるようになったけど、別れるときもすごく揉めました。もう絶対に、被害者のフリをする人とは付き合いたくないです…」(20代・女性)


関連記事:デート中に「不機嫌になって黙り込む女子」の最低行動3選

(2)すぐに「もう別れよう」と言う


「『もう別れよう』と簡単に言う人とは、むしろすぐに別れたほうがいいと思います。元カレがそのタイプで、ちょっと意見のズレがあるたびに別れをチラつかせるんですよ。別れると言えば、私から折れるって分かっていたんですよね。


最初のほうは、まんまと彼の思い通りに動いていました。『別れたくない!』ってすがったり、泣いて謝ったり…。でも、本当に私のことを大切に思っているなら、すぐに別れを切り出してこっちを不安にさせることなんて、絶対にしないじゃないですか。


今考えると、別れのカードを目の前で振って、私をコントロールしたいだけだったんだと思います。自分を大切にしてくれないなら、別れて正解だと思いますよ」(20代・女性)

(3)機嫌が悪いのに理由を伝えてこない


「昔付き合っていた人とは、本当に主従関係ができていたと思います。彼は、機嫌が悪くても絶対に理由を言わないんですよ。察せよって態度で、こっちを追い詰めてくるんですよね。


私も焦って、なんとか彼のご機嫌を取ろうとしていました。彼が機嫌が悪いのは、自分がなにかしてしまったんだと思い込んでいたんです。


別れた今は、大人なら自分の機嫌くらい自分で取れよって思いますよ。どうして私が、大の大人の機嫌を取らなきゃいけないの?って。でも、付き合っているときは、彼に考えを支配されていたので…。自分で考えられなくなるって、怖いなと思います」(20代・女性)

マインドコントロールしようとする人は、自分の非を認めず、相手に問題があるように見せるのが上手なようです。

自分の考えをしっかり持って、相手の意見に飲まれない姿勢を忘れないようにしたいですね。

・合わせて読みたい→男子がウンザリ…「この子気分屋だなぁ」と思う女子の特徴

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ