ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが加熱式たばこの新製品を発表 最新の加熱技術を採用した「glo pro」とシリーズ最小の「glo nano」



ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは9月3日、加熱式たばこの新製品「glo pro」と「glo nano」を発表しました。





スティックの加熱にIHを新たに採用することで加熱速度が向上し、より強い吸いごたえを実現しているglo proに対して、コンパクトでスタイリッシュなデザインを採用しているのがglo nanoという位置づけ。



glo proは通常モードに加えて、ブーストモードが利用可能。通常モードでは約20秒で加熱が完了して約4分間のセッションが持続するのに対して、ブーストモードでは約10秒で加熱が完了、約3分間のセッションが持続します。充電時間は約60分で、20回の連続使用が可能。本体カラーはブラックとシャンパンの2色で、希望小売価格は4980円(税込み)。



glo nanoは約40秒で加熱が完了し、約3.5分のセッションが持続可能。充電時間は約60分で、10回の連続使用に対応します。本体カラーはネイビー、ホワイト、レッド、ブルーの4色をラインアップ。gloオンラインストアでは全色を取り扱い、コンビニエンスストアや主要たばこ取扱店では、いずれか1色の取り扱いになるとのこと。希望小売価格は3980円(税込み)。





2製品とも10月3日から販売を開始。glo nanoは全国のgloストアとgloオンラインストア、コンビニを含む全国の主要たばこ取扱店で販売します。glo proは全国のgloストアとgloオンラインストア、コンビニを含む10都道府県の主要たばこ取扱店で先行販売を開始し、2019年12月に全国展開を予定。





たばこらしい味わいの「KENT」、様々なフレーバーをそろえた「neo」の2ブランドで展開するスティックは、11月にneoがパッケージをリニューアルすることを予告。



10月3日には、neoブランドで「ネオ・ブースト・アジュール・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・ロッサ・プラス・スティック」「ネオ・ブースト・スカーレットプラス・スティック」の3製品が数量限定でセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで発売を予定しています。価格は1パック550円(税込み)。



―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ