アニメ『あんスタ』第8話感想「希望の星は消えてない!」走り出すスバル――デレる"全身お兄ちゃん”と弟の絡みは!?

numan

2019/9/1 17:30


7月よりスタートしたTVアニメ『あんさんぶるスターズ!』。第8話ではバラバラになったTrickstar、そしてスバルの決断が描かれます。そんな前回放送を第9話の前に振り返りましょう♪
アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!』(以下『あんスタ!』)ついに待望のTVアニメ化!

男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院に君臨する生徒会。そんな学院に革命を起こそうと立ち上がった氷鷹北斗・明星スバル・遊木真・衣更真緒の4人と、学院唯一の女子生徒でプロデューサーでもある転校生、あんずの出会いからはじまる物語です。

Trickstarがバラバラになり、スバルはなぜ自分がアイドルをやっているのか迷います。そんなスバルを支え、勇気づける“仲間”の存在を知ったスバルの決断は……第8話をふり返ります!
※ネタバレを含む場合もあります。未視聴の方はご注意ください。
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」公式サイト

TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」公式サイト

TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」2019年7月よりTOKYO MX、BS11ほかにてTVアニメ放送開始!!

第8話「亀裂」ダイジェスト

半年前。まだ何者でもなかった氷鷹北斗(CV:前野智昭さん)、明星スバル(CV:柿原徹也さん)、遊木真(CV:森久保祥太郎さん)、衣更真緒(CV:梶裕貴さん)の4人は、「金星杯」の舞台で出会います。
それがのちに、Trickstar結成のきっかけのひとつとなりました。

天祥院英智(CV:緑川光さん)からのTrickstar解散通告の翌日。
バスケ部部長の守沢千秋(CV:帆世雄一さん)は、部活に表れなかったスバルと真緒について、仙石忍(CV:新田杏樹さん)から「Trickstarは事実上解散している」と報告を受けます。そこで千秋は「俺のユニットに所属しないか」と、思い悩むスバルに声をかけますが……。

一方、北斗と真緒はそれぞれ、複雑な思いを打ち明けていました。お互いに「Trickstarがつぶされる瞬間を見たくない」からこそ選んだ道。ですが、2人の心は晴れません。
ショックからか欠席している真を心配する真緒ですが、北斗は「俺たちに心配する権利はない」と苦渋の表情を浮かべます。後日、体育館で千秋から返事を求められたスバルは、1人でもTrickstarを輝かせてみせると決意。それを聞いた千秋はTrickstarの衣装を着たあんず(CV:坂本真綾さん)を招き入れ、「お前はひとりなんかじゃない」と言い、全力の協力を申し出るのでした。

迎えたDDD当日、初戦の相手であるKnightsに鉢合わせたスバルとあんず。真はどこだと尋ねられた鳴上嵐(CV:北村諒さん)は冗談でかわそうとしますが、その場に居合わせた朔間零(CV:増田俊樹さん)に「姑息な手口を使って真を無理やり移籍させようとしている」と指摘されうろたえます。思いがけない事実を知り、走り出すスバル。

「あいつはまだ俺たちの仲間だ!仲間は助ける、絶対に!」

第8話の見どころはココ!

「金星杯」で出会った4人

1年生のクラス代表2名ずつの急造ユニットで「金星杯」に出演した北斗、スバル、真、真緒。金星杯はあの「マリオネット」のドリフェスと同じ日の出来事です。

北斗とスバルは2人とも孤独で、“親の七光”に焼き尽くされそうになりながらも、必死に「アイドル」になろうとしていました。一方、自分を変えたいと願っていた真と、裏方ばかりだった真緒。この日、4人ははじめて、仲間と一緒に立つ舞台の楽しさを知ります。

「俺たちはひとりじゃない」そんなふうに心を通わせあった4人はやがて、Trickstarを結成するーーその名前の由来となったのも、この日の会話から出た「Trickster」という言葉(北斗の発音がめちゃくちゃ良かった)。舞台を引っかき回す狂言まわしを意味する単語でした。

アイドルとしての輝き、支え合う仲間、探していた居場所、楽しいと思える舞台。4人が見つけた“Trickstar”が、どれほど尊いものだったか、ありありと分かる出会いの物語です。

スバルと北斗にとっての「父」

第8話では、スバルの父親も偉大なアイドルだったことが明かされました。大好きな父の輝きに触れたくて夢ノ咲学院にやってきたスバル。「俺の心の大事なところにはいつも父さんがいる」……スバルがキラキラしたアイドルになりたいと願うその根底に、父の存在があるのです。

一方、北斗の父は現役トップアイドル。かつては名前で呼ばれることすら嫌がるほど親の存在を疎んじていたようです。だからこそ、英智の策に抗えず、自分は両親から逃げているだけなのかもしれないと語る北斗の言葉に胸が痛みます……。

噴水の住人

噴水にこしかけ、すっかり汚れて曇ってしまったビー玉を陽に透かして見上げるスバルですが……そこでしんみりした空気をぶち破る、謎の3年生・深海奏汰(CV:西山宏太朗さん)と遭遇しました。

制服姿のまま、噴水の中をぷかぷかと浮かんできて「いっしょに『みずあび』しますか?」とたずねる奏汰。いつもはハイテンションなスバルが、思わず普通に「いや遠慮するよ」と答えてしまうほどの不可解っぷりです(笑)。

その後、奏汰は「よごれはおみずであらいましょ~♪」と軽やかに歌いながら、スバルのビー玉の汚れを落としてくれました。元通りキレイになったビー玉を見つめるスバルの表情は、どこか明るいものへと変化。
謎すぎる存在の奏汰ですが、曇りかけていたスバルの心に、キラキラした輝きを取り戻してくれたようですね。

「Trickstarじゃなきゃダメなんだ!」

スバルは千秋に「Trickstarじゃなきゃダメなんだ!」とはっきり告げます。3人がほかのユニットに魅力を感じて出ていったなら、それに負けないくらいTrickstarを輝かせてみせる、と。この言葉を英智が聞いたら、驚いて目を丸くしたかもしれません。まるで英智の“策”が通じていないのですから。

スバルは、fineの圧倒的なパフォーマンスを観て、純粋に感動していました。彼には、駆け引きも大人の判断も関係ないのです。仲間たちが帰ってきたくなるTrickstarにしてみせるーーこのまじりっ気のない“アイドルへの思い”こそが、スバルの持つ本質的な強さ、輝きではないでしょうか。

北斗にとっても、真緒にとっても、もちろんTrickstarは大切なものでした。そしてスバルは、そんな大切な「Trickstar」を決して失わせないと心を決めたのです。図らずも、「希望の光を絶やさないでほしい」という北斗の願いに応えるかのように……。

5人そろって(ない)流星隊!

スバルに協力を申し出るべく、千秋は自身のユニット・流星隊を呼び寄せます。流星ブラックは南雲鉄虎(CV:中島ヨシキさん)。流星イエローは仙石忍(CV:新田杏樹さん)。そして流星グリーンは高峯翠(渡辺拓海さん)。

その後、流星レッドである千秋が名乗りを上げ「5人そろって我ら、流星隊!」と決めポーズをしますが……どう見ても4人しかいません(笑)。もうひとりの流星ブルーは、噴水でぷかぷかしていた奏汰。全員集合しなかったり、途中で帰ろうとするメンバーがいたり、なんともフリーダムなユニットですね(笑)。

あんずが「謎のアイドルX」に!

DDDの出演条件を満たすため、一時的にTrickstarのメンバーになる決意をしたあんず。スバルとおそろいのトリスタ衣装、とても似合っていましたよね! SNSも「あんずちゃん可愛いよおぉ!」と大盛りあがりだったのですが……。

なぜ、なぜプロレスラーのような覆面をかぶせてしまったのだスバル!? 正体を隠す必要があるとはいえ、我らがあんずちゃんは「正体不明の謎のアイドルX」に生まれ変わってしまいました……彼女は常に、茨の道を行くようです。

DDD優勝候補、Knights

Trickstarの対戦相手であり、DDDの優勝候補ともいわれるKnights。
瀬名泉(CV:伊藤マサミさん)、鳴上嵐(CV:北村諒さん)のほか、朱桜司(CV:土田玲央さん)、朔間凛月(CV:山下大輝さん)が所属しています。零によると長い歴史もあり、メンバー個々の実力も相当なものですが、現在はリーダーが不在だそう。

スバルたちと遭遇した時点では泉がおらず、凛月はそれを引き合いに「俺も休みたい」と発言するなどテンションが低め。さらに零が不在の真について嵐を追求した際には、凛月も話が見えておらず、司には聞かせたくない様子。

メンバーがお互いの状況を把握しておらず、個人主義なのかもしれませんが、行動がバラバラで一体感がないように見えるのは、リーダーが不在だからでしょうか。

全身お兄ちゃん……?

Trickstarの導き手であり、三奇人のひとりでもある圧倒的実力者・朔間零。彼が突然の猫なで声で「お兄ちゃんじゃよ~!」と叫んで凛月に飛びかかるシーン、なかなか衝撃的でしたね! この2人、兄弟と言われてみれば目の色や気だるげな表情が似ています。

しかし、どうやら凛月は零の相手をしたくないらしく「誰?」「迷惑だな~、通報する?」と、容赦なしのガン無視。めげずにお兄ちゃんアピールをしする零、最終的には「全身お兄ちゃんじゃよ~!」とジタバタしていましたが、まったく取り合ってもらえませんでした。がんばれ、零!

「行け!誰より遠くへ」

泉が真を隠していると知り、反射的に走り出そうとしたスバル。それを引き止め、もう手遅れかもしれなくても行くのか?とたずねる零。スバルは「俺は絶対にあきらめない!」と力強く言います。

「今度は俺がみんなを助ける番なんだ」そのスバルの言葉には、真だけではなく、北斗、真緒への思いがあふれていました。ひとりぼっちだったスバルを救い、奇跡の舞台をともにしたかけがえのない仲間。スバルの、そして彼らにとっての帰るべき場所はTrickstarしかないと、誰よりもスバル自身が知っているのです。

このシーンで流れ出すTrickstarの『Rebellion Star』に思わず涙。
「行け!誰より遠くへ 希望響くその先へ」ーースバルこそが消えないTrickstarの希望の星。スバルがあきらめない限り、Trickstarは必ずまた立ち上がるはずです。

第9話は「反撃」

DDDが開幕。学院敷地内のあちこちに設けられたステージでさまざまなユニットがライブを披露するため、校内はお祭りのようなにぎわいになっていました。

その喧騒の中で、紅月メンバーとともに出演側ではなく、裏方として校内整理にあたる真緒。fineのメンバーに混じり、浮かない表情で視線を宙にさまよわせる北斗……。

一方、真は泉によって両手両足を縛られ、学院内に監禁(!)されていました。TrickstarもDDDの出演時間が迫っている中、スバルは無事に真の居場所をつきとめ、救い出すことができるのでしょうか?

第9話「反撃」は9月1日放送です!

執筆:森本マリ

⇒次ページより、第8話登場キャラクターを紹介!

第8話 登場キャラクター紹介

・守沢千秋(流星隊)
3年生、バスケ部部長。スバルからの呼び名は「ち~ちゃん部長」。忍に「さすが隊長殿、まるで空気が読めてないでござる」と言われるほど、落ち込むスバルにも熱血ハイテンションで接しますが、実際にはスバルの心が折れないことを信じつつ隊員やあんずに根回しをするなど、温かくスバルを見守っていることが伝わってきました。

・高峯翠(流星隊)
1年生、バスケ部員。かなりやる気がなさそうで、ユニットメンバーとしての口上も、途中で「あとなんだっけ?」と、忘れてしまっている様子。千秋に対し「あんなのが父親か兄だったら、俺はすぐに家出する」と言うほど、あからさまに千秋とは相性が悪そうですが、なぜかユニットも部活も千秋と同じです。

・深海奏汰(流星隊)
3年生。初登場でいきなり噴水の中をたゆたっていました。実はOPでも噴水の中にいますし、過去の放送でも、一瞬だけ噴水にいるシーンが映っています。とにかくそれほど噴水が好きで、流星隊の隊員であるということ以外は、何もわからない謎の存在。ですが、彼との出会いが、落ち込んだスバルが気持ちを切り変えるきっかけにもなったようです。

・朱桜司(Knights)
ユニット衣装での登場でしたが、嵐を「鳴上先輩」と呼んでいることから、1年生です。英語の発音「excite」が妙に良かったですね。嵐に対し「私より体格もいい」「ケンカも強い」「乙女ではない」と立て続けに言い募るなど、やや空気の読めない……真面目な性格。泉の件について、嵐は司に聞かせたくないようですが……。

・朔間凛月(Knights)
ユニット衣装での登場。零の弟ですが、その存在を終始無視するなど、関係は良好とは言えないようです。テンションがかなり低めで、泉の不在にかこつけて自分も休もうとする発言は、あまりユニット活動に積極的ではないようにも受け取れました。ただ、泉がいない“理由”については、まったく知らなかったようです。

アニメ『あんさんぶるスターズ!』情報

★INTRODUCTION
男性アイドル育成に特化した私立夢ノ咲学院。
氷鷹北斗・明星スバル・遊木真・衣更真緒の4人は『Trickstar』というユニット
を組み、トップアイドルを目指し、日々レッスンに励んでいる。
しかし、夢ノ咲学院が主催するアイドルたちがお互いの魅力を競いあうライブイ
ベント、通称『ドリフェス』は、学院の秩序という名の権力に支配されていた。
その中心となる生徒会に、『Trickstar』 は改革を求めて挑んでいく―――

★放送情報
TOKYO MXにて7月7日(日)22時30分より
サンテレビにて7月7日(日)24時30分より
KBS京都にて7月7日(日)23時00分より
テレビ愛知にて7月7日(日)26時05分より
BS11にて7月9日(火)24時00分より

※放送日時は変更になる場合がございます。★STAFF
原作:Happy Elements(カカリアスタジオ)/
監督:菱田正和/
シリーズディレクター:ソエジマヤスフミ/
シリーズ構成:日日日/
チーフライター:猪爪慎一/
キャラクター原案:Happy Elements(カカリアスタジオ)/
キャラクターデザイン:飯塚晴子・下谷智之・長田絵里/
美術監督:山根左帆/色彩設計:鈴木依里/
3D監督:日下大輔/撮影監督:上條智也/
編集:長谷川 舞/
音楽プロデューサー:桑原 聖/
音楽:加藤達也/
音響監督:濱野高年/
アニメーション制作:david production

★CAST 
<Trickstar>氷鷹北斗:前野智昭/明星スバル:柿原徹也/遊木 真:森久保祥太郎/衣更真緒:梶 裕貴
<fine>天祥院英智:緑川 光/日々樹 渉:江口拓也/姫宮桃李:村瀬 歩/
伏見弓弦:橋本晃太朗<紅月>蓮巳敬人:梅原裕一郎/鬼龍紅郎:神尾晋一郎/神崎颯馬:神永圭佑
<UNDEAD>朔間 零:増田俊樹/羽風 薫:細貝 圭/大神晃牙:小野友樹/乙狩アドニス:羽多野 渉
<Knights>月永レオ:浅沼晋太郎/瀬名 泉:伊藤マサミ/朔間凛月:山下大輝/鳴上 嵐:北村 諒/朱桜 司:土田玲央
<流星隊>守沢千秋:帆世雄一/深海奏汰:西山宏太朗/南雲鉄虎:中島ヨシキ/
高峯 翠:渡辺拓海/仙石 忍:新田杏樹<Ra*bits>仁兎なずな:米内佑希/天満 光:池田純矢/真白友也:比留間俊哉/紫之 創:高坂知也<2wink>葵 ひなた:斉藤壮馬/葵 ゆうた:斉藤壮馬
<Valkyrie>斎宮 宗:高橋広樹/影片みか:大須賀 純
<Switch>逆先夏目:野島健児/青葉つむぎ:石川界人/春川 宙:山本和臣
<MaM>三毛縞 斑:鳥海浩輔<Eden>乱 凪砂:諏訪部順一/
巴 日和:花江夏樹/七種 茨:逢坂良太/漣 ジュン:内田雄馬
<教師>佐賀美 陣:樋柴智康/椚 章臣:駒田 航

TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」公式サイト
ensemblestars-anime.com/

TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」公式Twitter
@stars_animation

(C)Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会
アニメ『あんさんぶるスターズ!』感想まとめ あらすじ&みどころ振り返り&登場キャラ紹介も♪

アニメ『あんさんぶるスターズ!』感想まとめ あらすじ&みどころ振り返り&登場キャラ紹介も♪

2019年7月より放送がスタートしたアニメ『あんさんぶるスターズ!』(以下『あんスタ!』)。菱田監督の贈るこのアニメは原作ゲームファンの満足度も高く、「ただのアイドルアニメじゃない」と高評価! そんなアニメ『あんスタ!』の振り返り記事はこちらからどうぞ♪

柿原徹也、“フェアリー”高坂知也に驚愕!?アニメ『あんさんぶるスターズ!』先行上映会レポートが到着|numan

柿原徹也、“フェアリー”高坂知也に驚愕!?アニメ『あんさんぶるスターズ!』先行上映会レポートが到着|numan

7月7日~放送開始のアニメ『あんさんぶるスターズ!』より、6月17日に開催された先行上映会イベントのレポートが到着! 柿原徹也さん、中島ヨシキさん、小野友樹さん、森久保祥太郎さんが登壇しトークを繰り広げました。

柿原徹也、森久保祥太郎、小野友樹、中島ヨシキが登壇!アニメ『あんスタ』先行上映会&キャストトーク開催決定♪|numan

柿原徹也、森久保祥太郎、小野友樹、中島ヨシキが登壇!アニメ『あんスタ』先行上映会&キャストトーク開催決定♪|numan

2019年7月より放送開始するTVアニメ『あんさんぶるスターズ!』の先行上映会が決定しました!柿原徹也さん、森久保祥太郎さん、小野友樹さん、中島ヨシキさんによるキャストトークもあり、ライブビューイングも開催されます。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ