今年の夏も熱く燃える3日間がやってきた!アニソンシンガーたちによる壮大なストーリーの幕が上がる!~『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』DAY1レポート~

SPICE

2019/8/31 18:32


2019年8月30日~9月1日の3日間、さいたまスーパーアリーナにてアニソンシンガーや声優アーティストが集うアニソンフェス、「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」が行われた。毎年恒例となっているイベントだが、今年も数多くのアーティストが出演し、コラボやシークレット出演などサプライズも組み込まれ、観客を楽しませてくれる。今回は開幕となった1日目の様子をレポートしよう。

毎年恒例の豪華なコラボステージで開幕

けものフレンズ×iRiSphere (C)Animelo Summer Live 2019
けものフレンズ×iRiSphere (C)Animelo Summer Live 2019

トップバッターを飾るのは『けものフレンズ』でサーバル役を演じる尾崎由香をはじめとしたアニマルガールたちと、i☆Risとスフィアのコラボユニット、i☆RiSphereの合同による「ようこそ!ジャパリパーク」。なんと、終盤には作詞作曲のオーイシマサヨシも登場する豪華な顔ぶれとなった。ステージに残ったオーイシが指揮棒を振ると、『けものフレンズ2』のOPテーマ、「乗ってけ!ジャパリビート」がスタート。途中、トキを演じるの金田朋子も乱入し、原作のアニメばりに高音域の鳴き声を上げて、会場は笑いと拍手に包まれる。最後は『けものフレンズ3』の主題歌である「け・も・の・だ・も・の」を披露。新たに登場するアニマルガールズたちも途中参加し賑やか幕開けとなった。
けものフレンズwithオーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019
けものフレンズwithオーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019

続いて、登場した伊藤美来が歌うのは「Shocking blue」。曲のタイトルに合わせて青いドレス姿で登場すると、会場も青一色のペンライトに染まる。真剣な表情とアーティストとして堂々と歌い上げる姿に会場からも大きな声援が上がる。
伊藤未来 (C)Animelo Summer Live 2019
伊藤未来 (C)Animelo Summer Live 2019

続いては『上野さんは不器用』より、上野さんを演じる芹澤優のナレーションに紹介され、黄色いワンピースに衣装チェンジ。今度は「閃きハートビート」を可愛らしく歌い上げる。作曲を担当したfhánaの佐藤純一も演奏で参加し、楽曲を盛り上げた。
石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019
石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019

イントロと共に歓声が上がったのは石原夏織の「Ray Rule」。ヘッドセットマイクによる歌唱で、リズミカルなダンスも披露し会場を魅了する。ステージ後方のスクリーンの写し出されたVJ演出や、レーザーライトも相まって、デジタルフューチャーなステージを演出する。続いては、石原自身も出演する『魔王様、リトライ!』のOPテーマ、「TEMPEST」。ステージの照明も赤くなり、情熱的なダンスを披露した。
佐咲紗花 (C)Animelo Summer Live 2019
佐咲紗花 (C)Animelo Summer Live 2019

続いては、佐咲紗花による『ガールズ&パンツァー最終章』の主題歌、「Grand symphony」。アニサマには久々の登場だが力強い歌声と安定感のあるパフォーマンスを披露してくれた。MCでは実に8年ぶりの出演という事で不安も覗かせつつ、交流のあるアニソンアーティストである黒崎真音に励まされたエピソードを披露した。今回は一人でも多くの人を「ガルパン沼」に引き込むミッションがあると、劇中で登場した謎の踊り、「あんこう音頭」をコブシの効いた歌声で歌唱。
佐咲紗花 (C)Animelo Summer Live 2019
佐咲紗花 (C)Animelo Summer Live 2019

1曲目と感動的なMCの後の落差で会場からは笑いと共に大歓声が起きた。最後は『ガルパン』のイメージソング、「High Flying Future!!」でクールに決め、ガルパン尽くしの熱いセットリストとなった。
佐咲紗花×渕上舞 (C)Animelo Summer Live 2019
佐咲紗花×渕上舞 (C)Animelo Summer Live 2019

興奮冷めやらぬうちに、渕上舞が登場し、『ガルパン』のエンディングとなっている「Enter Enter MISSION!」を佐咲とデュエットで披露。途中、渕上の「戦車道は好きですか?」の呼びかけに会場からは大きな歓声が上がり、曲のアウトロでは渕上の掛け声に合わせて「パンツァーフォー!」の大合唱に包まれた。そのままステージに残った渕上は、DJとギターソロによるロングイントロの間に猫耳をつけたセクシーなミニスカートワンピースに早替え。ラップパートもあるハイテンポな楽曲、「BLACK CAT」を披露した。ラスサビ前には「ニャーニャー!」と猫の鳴きまねをするコール&レスポンスで会場を盛り上げた。
渕上舞 (C)Animelo Summer Live 2019
渕上舞 (C)Animelo Summer Live 2019

続いては、ゲーム『プリンセスコネクト!Re:Dive』から、アニメロのために編成されたアニメロサマープリンセス from プリンセスコネクト!Re:Dive」が登場。コッコロ(伊藤美来)、キャル(立花理香)、ヒヨリ(東山奈央)、ツムギ(木戸衣吹)、キョウカ(小倉唯)、ハツネ(大橋彩香)、シノブ(大坪由佳)、アヤネ(芹澤優)、ナナカ(佳村はるか)の9人がセンターステージにて、メインテーマの「Lost Princess」を披露。
アニメロサマープリンセス (C)Animelo Summer Live 2019
アニメロサマープリンセス (C)Animelo Summer Live 2019

それぞれが個別の衣装に身を包み、キャラクターになりきって歌唱する。MCではそれぞれがキャラクターのセリフを披露して自己紹介を行い、EDテーマの「Connecting Happy!!」へ。キャスト陣がトロッコに乗り会場を周回する演出で、ステージから遠い観客も間近でのパフォーマンス披露に興奮が冷めやらない。

大物アーティスト登場に、シークレットゲストのサプライズも

氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2019
氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2019

スモークと共にセンターステージから登場したのは氷川きよし。黒のシースルー衣装の下に黒のショートパンツというビジュアル系の衣装で登場し、『ドラゴンボール超』の主題歌である「限界突破×サバイバー」を披露。イントロから、「ハイ!ハイ!」とコールが巻き起こり、曲中の「woo-hoo!」というコールで会場が一体となる。MCでは1回目の出演の際に、演歌畑の人間で不安もあったが温かいアニサマのファンに触れ、自身も色々な事にチャレンジできるようになったと感謝の言葉を述べた。演歌の新曲の発売も控えており、ワンフレーズだけ歌唱を行い、会場ともコール&レスポンスを交わして盛り上がる。
氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2019
氷川きよし (C)Animelo Summer Live 2019

最後は、自身が子供の頃に励まされた1曲として『北斗の拳2』の主題歌である「TOUGH BOY」をカバー。バックダンサーがステージ一杯に広がる豪華なステージと、演歌によって磨かれた圧倒的な歌唱力で魅了する。

続いては『輪廻のラグランジェ』の主題歌で、中島愛の楽曲でもある「TRY UNITE!」を石原夏織とデュエット。劇中で石原は主人公の「京乃まどか」を演じており、主題歌アーティストである中島愛とのコラボで会場を盛り上げる。
中島愛×石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019
中島愛×石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019

そして会場後方のステージに登場した逢田梨香子の「ORDINARY LOVE」へ。アニメ『川柳少女』のOPテーマとなっており、「アニサマに逢田梨香子の声響く」の川柳を詠んでイントロへ。ソロとしては初出演だったが、真っ白なドレス姿に切なげな表情と歌声で観客を魅了。会場の景色を確かめるようにパフォーマンスする姿が印象的だった。
逢田梨香子 (C)Animelo Summer Live 2019
逢田梨香子 (C)Animelo Summer Live 2019

ここでサプライズ登場の如月千早(CV今井麻美)による「蒼い鳥(M@STER VERSION)が披露される。
如月千早featピアニート公爵 (C)Animelo Summer Live 2019
如月千早featピアニート公爵 (C)Animelo Summer Live 2019

歌いだしの瞬間に会場からは驚きの声が上がり、キャラクターカラーの青いペンライトで会場が一斉に染まる。「蒼い鳥」を自身がアレンジした動画投稿で支持を集めたピアノ奏者の「ピアニート公爵」によるソロの演奏に合わせて美しく力強い歌声を響かせた。会場は固唾を飲んでその姿を見守り、終わった後には長い長い拍手に包まれた。

前半パートの最後に登場した三森すずこは、自身の歌を様々なアーティストとコラボしながら、1コーラスずつ次々に歌唱するメドレーを披露。まず、野球アニメの『ダイヤのA』のEDテーマとなった「グローリー!」では野球のユニフォームに扮したオーイシマサヨシとのデュエット。
三森すずこ×オーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019
三森すずこ×オーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019

続いて、ショートアニメ『てーきゅう』のOPテーマだった「ファッとして桃源郷」では三森とともに同作で共演する石原夏織が登場。そして、アルバム収録曲の「ドキドキトキドキトキメキス♡」には、芹澤優と大坪由佳が登場。曲中で三森が2人に向かって投げキスをすると、興奮した様子のリアクションを見せて会場を盛り上げる。『アウトブレイク・カンパニー』のOPテーマとなっている「ユニバーページ」では、同作で三森と共演する渕上舞とデュエットを披露した。
三森すずこ_石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019
三森すずこ_石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019
三森すずこ_石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019
三森すずこ_石原夏織 (C)Animelo Summer Live 2019

そのままステージに残った渕上はデュエットできた喜びで目を潤ませると、堪らずに三森がそれを抱き寄せて会場からも拍手が送られた。最後はデビュー曲の「会いたいよ…会いたいよ!」を披露。タイトルがコールされた瞬間に、会場からは悲鳴のような歓声が上がる。イントロや間奏、曲中でも観客から熱いコールが送られ、会場が一体となるパフォーマンスで前半戦が終了する。
三森すずこ (C)Animelo Summer Live 2019
三森すずこ (C)Animelo Summer Live 2019

キャッチーな曲でスタートした後半戦は待望の超大型新人がいよいよ登場

オーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019
オーイシマサヨシ (C)Animelo Summer Live 2019

後半戦のトップバッターは、オーイシマサヨシ。休憩明けに現在放送中の『コップクラフト』に登場するケイ・マトバとティラナ・エクセディリカのミニドラマから登場すると、今月発売されたばかりの新曲で、同作のOPテーマとなっている「楽園都市」を披露。キャッチーなジャズロックナンバーで会場を一気に盛り上げる。続いて、当日は『プリンセスコネクト!Re:Dive』で参加していた大橋彩香とのコラボで「オトモダチフィルム」を披露する。
オーイシマサヨシ×オーハシアヤカ (C)Animelo Summer Live 2019
オーイシマサヨシ×オーハシアヤカ (C)Animelo Summer Live 2019

MVやライブでもお馴染みのダンスもしっかりとタイミングがあっていて、2人とも楽し気に歌っている様子が見られた。
ReoNa (C)Animelo Summer Live 2019
ReoNa (C)Animelo Summer Live 2019

続いては、アニサマ初参戦となるReoNaが観客席後方のステージに登場。『ソードアート・オンラインアリシゼーション』のEDテーマとなっている「forget-me-not」を披露した。ギターソロとピアノだけのシンプルな伴奏にアレンジだったが、ウィスパーな歌声ながら、気持ちを込めるように力強く歌唱するパフォーマンスを見せ、会場からは大きな拍手が送られる。
ReoNa (C)Animelo Summer Live 2019
ReoNa (C)Animelo Summer Live 2019

さらにピアノの伴奏だけで披露される「虹の彼方に」は、やさしく囁くような歌声から、感情を込めて力強く歌う緩急とシンプルが故に際立つ高い歌唱力に圧倒され、観客はじっと聞ききるように見守っていた。
i☆Ris (C)Animelo Summer Live 2019
i☆Ris (C)Animelo Summer Live 2019

続いてはi☆Risが登場し、1曲目の「幻想曲WORDERLAND」を披露。ステージ後方のスクリーンにはファンシーな映像と共に、ペアでダンスをする振り付けなどミュージカル的なシーンも見せ、タイトル通りの幻想的な雰囲気を表現。MCでは自己紹介と共に1ランクアップした大人っぽいところも見せたいと、続いての「Endless Notes」へ。ストリングスも参加するシンフォニックなイメージの1曲で、サビでは5人が美しいハーモニーを見せ、歌唱力の高さを感じさせる曲となった。最後は『賢者の孫』のOPテーマ、「アルティメット☆MAGIC」で再びパワフルなステージを披露した。
i☆Ris (C)Animelo Summer Live 2019
i☆Ris (C)Animelo Summer Live 2019

3年連続出演となった中島愛は、『風夏』のOPである「ワタシノセカイ」を披露。
中島愛 (C)Animelo Summer Live 2019
中島愛 (C)Animelo Summer Live 2019

中島愛名義でのアーティストデビュー10周年で、ベストアルバムも発売とますます好調で、続いて披露した「Bitter Sweet Harmony」と共に10年の活動によって蓄積された安定感抜群の歌唱力を披露し、会場を楽しませてくれた。
鈴木雅之featスフィア (C)Animelo Summer Live 2019
鈴木雅之featスフィア (C)Animelo Summer Live 2019

いよいよ会場が待望するアニソン界の大型新人こと、鈴木雅之が登場。なんと、コーラスにはスフィアの4人を従えて、アニソンデビューを飾った『かぐや様は告らせたい』のOPテーマ、「ラブ・ドラマティック」を圧倒的なパフォーマンスで披露する。MCでは、自身のプロフィールを紹介するとともに、名曲「ランナウェイ」や「め組のひと」、「ガラス越しに消えた夏」などをアカペラでワンフレーズ披露。
鈴木雅之 (C)Animelo Summer Live 2019
鈴木雅之 (C)Animelo Summer Live 2019

コール&レスポンスも行い会場を盛り上げる。続いては、ラヴソングの王様として代表曲、「違う、そうじゃない」を披露。引き続きスフィアもコーラスとして参加するが、長年活動してきた4人の本気のコーラスも非常に完成度が高かった。最後はラッツ&スターの名曲、「め組のひと」を披露。同曲の一番の盛り上がりとも言える「めっ!」のコールで会場が一体となり、アニサマではなく鈴木雅之のライブを観に来たと錯覚するような存在感とステージで観客を虜にした。
鈴木雅之featスフィア (C)Animelo Summer Live 2019
鈴木雅之featスフィア (C)Animelo Summer Live 2019

バンド、アーティスト、声優ユニットと多彩なセットリスト

Roselia (C)Animelo Summer Live 2019
Roselia (C)Animelo Summer Live 2019

続いて登場したRoseliaは「LOUDER」、「BLACK SHOUT」をショートバージョンで連続披露。会場は今日一と言っていいほどのコールが巻き起こり、会場の熱量が一気に上がる。MCではボーカルの湊友希那を演じる相羽あいなが前半に『けものフレンズ』で登場していた事や、Roseliaと同じ『バンドリ!』発のPoppin'Partyのドラム担当、山吹沙綾役の大橋彩香の出演など、声優ネタいじりで会場の笑いを誘う。最後は『BanG Dream! 2nd Season』のOPでも使用された「BRAVE JEWEL」を披露。ゴシックな世界観とシンフォニックなバンドサウンドで圧巻のパフォーマンスを見せてくれた。続けて鈴木このみとRoseliaによる『ノーゲーム・ノーライフ』の「This game」が披露される。リズムゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』では同曲をRoseliaがカバーしているという事で実現したコラボだ。2人の圧倒的な歌唱力で会場からは大歓声が上がった。
Roselia_feat_KONOMI_SUZUKI1 (C)Animelo Summer Live 2019
Roselia_feat_KONOMI_SUZUKI1 (C)Animelo Summer Live 2019

そのまま鈴木このみのステージへと移り、まずは『この世の果てで恋を唄う少女YU- NO』のEDテーマ、「真理の鏡、剣乃ように」を披露。
鈴木このみ (C)Animelo Summer Live 2019
鈴木このみ (C)Animelo Summer Live 2019

ダンサーを従え、センターステージでの力強い歌声で観客を魅了した後は、衣装を早替えして「蒼の彼方」を披露する。ステージ上を跳ねるように移動しながら、笑顔でステージを楽しんでいる様子を見せると、Dメロでは「アニサマ、ありがとう!」と大声で叫び、噛みしめるように歌い上げる。MCでは最初にアニサマに出演した時の思い出を語った後、今まで実現していなかったトロッコでの歌唱をスタッフにお願いしたと、「DAYS of DASH」のイントロが始まるとともに全速力で乗り込み、大歓声に迎えられながら会場を周回し、満面の笑顔で楽しみながらパフォーマンスを行った。
鈴木このみ (C)Animelo Summer Live 2019
鈴木このみ (C)Animelo Summer Live 2019

続いて登場したのはfhána。最初の楽曲、『ウィッチクラフトワークス』のOPテーマとなっている「divine intervention」ではライブオリジナルのバージョンとなるアカペラの歌いだしで始まった。ボーカルtowanaの高い歌唱力を目の当たりにし客席から歓声が巻き起こる。
fhana (C)Animelo Summer Live 2019
fhana (C)Animelo Summer Live 2019

アウトロでは「皆さんの声を聞かせてください!」と呼びかけ、さらに大きな歓声でこれに答える。続いては『小林さんちのメイドラゴン!』のオープニングテーマ、「青空のラプソディ」を披露。イントロの特徴的なコール「chu chu yeah!」や、サビ前の「どこへでも」の合唱など、会場と一体感になれる曲で盛り上がる。途中から当日に出演している女性アーティストらが次々と登場、最後は『けものフレンズ』のメンバーも揃っての大人数のダンスで豪華なステージとなった。
fhana_with_あにさまフレンズ (C)Animelo Summer Live 2019
fhana_with_あにさまフレンズ (C)Animelo Summer Live 2019

MCを挟んで、fhánaの作曲担当である佐藤が提供した『けものフレンズ2』のEDテーマで、Gothic×Luckが歌う「きみは帰る場所」をコラボで披露。続く「僕を見つけて」は、イントロ前に佐藤が一言、「全てのクリエイターにこの曲を捧げます」と静かにコメントすると、ボーカルのtowanaも強い思いを秘めた表情で、観客に心に訴えかけるように歌い上げる。ストリングスの演奏も加わったシンフォニックな曲調と温かい歌詞で会場を包み込んだ。
fhana (C)Animelo Summer Live 2019
fhana (C)Animelo Summer Live 2019

そして、1日目のトリを飾るスフィアが登場。1曲目に披露されたのは『おとめ妖怪ざくろ』のOPテーマとなった「MOON SIGNAL」。疾走感があり、特にライブで盛り上がれる人気楽曲でイントロが流れた瞬間、会場は大歓声に包まれる。続く、「Music Power→!!!! 」ではステージのスクリーンに今までスフィアが参加したライブ映像がダイジェストで流れ、今回のアニサマのテーマ、「STORY」を感じさせる演出で盛り上がる。MCを挟んで、ストーリーを感じさせる楽曲という事で、アニサマ初出演の際に歌った『あそびにいくヨ!』のOPテーマ「Now loading...SKY!!」を披露。タイアップした作品のイメージではあるが、夏を感じさせる一曲で会場を盛り上げる。間髪入れずに最後の楽曲、スフィア初の冠テレビ番組の主題歌となった「LET・ME・DO!!」を披露。イントロのクラップや、「WOW WOW WOW…」というコール、Bメロのコーラスなど会場も一体となって盛り上がる。

最後は恒例となっている出演アーティスト(一部を除く)揃ってのアニサマ主題歌、「CROSSING STORIES」を披露。アーティスト同士の絡みやパート分けも楽しみながら、5時間半に及ぶライブが幕を閉じた。
アニサマ2019出演アーティスト (C)Animelo Summer Live 2019
アニサマ2019出演アーティスト (C)Animelo Summer Live 2019

恒例となっているアーティスト同士のコラボや、サプライズゲストの登場という中で、アニサマ15周年という周年記念とタイトルの「STORY」の通り、歴史を振り返りつつも各アーティストのストーリー性をセットリストから感じられた。エモーショナルな展開と熱量で残りの2日間にも繋がる期待感が持てる初日のライブとなった。

取材・文:東 響希

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ