目撃情報が急増中の新型オービス3タイプとは?

ラジオライフ.com

2019/8/31 17:05


警察がスピード違反を取り締まるのは、そもそもは事故防止のため。ネズミ捕りやパトカー追尾による有人式のスピード違反の取り締まりは、クルマを停車させるためスペースが必要になります。また、無人式のオービスは設置に大掛かりな工事が必要です。そんな中、いま全国各地で目撃情報が増えているのが新型オービスです。

目撃情報が急増中の新型オービス3タイプとは?

新型オービス導入が検討された理由


そもそも新型オービスの導入が検討された理由は、通学路や生活道路の安全を守ることが近年の課題となっているため。移動式オービスとも呼ばれるように、小型で融通がきくため、事故の発生状況に合わせて生活道路などにも柔軟に設置できます。

新型オービスにはもともと「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプがあり、そのうち固定式の新型オービス・センシス社の「SWSS」が、2016年3月に埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置されました。固定式でも標識のようにポールを埋めて設置するため、一定期間での移設も可能。車速の計測はレーダー式です。

そして最近、目撃情報が増えているのが新型オービスの半可搬式と可搬式。半可搬式はバッテリーを内蔵した台座の上に感知部を搭載したタイプ。当初はヨーロッパのメーカー製で速度計測がレーダー式でしたが、2017年からは東京航空計器の「LSM-300-HK」に変更され、速度計測がレーザー式となっています。

半可搬式の新型オービスは、上部の撮影部にストロボ・照準用カメラ・撮影用カメラ・レーザースキャンセンサー発射口を設置。重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要です。

可搬式の新型オービスは柔軟な設置


可搬式の新型オービスは当初、ストロボと測定ユニットを別々に三脚に載せて使用するタイプで、分解して持ち運べる仕様でした。センシス社の「MSSS」の速度計測はレーダー式です。

測定ユニット内にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡可能。また、バッテリーは8時間程の充電で1,000件の取り締まりができます。測定ユニットの前方にストロボが置かれた状態で運用されているようです。

さらに、2017年には可搬式に東京航空計器の「LSM-300」が追加。速度測定にレーザー式を採用したこの新型オービスは一体型なので、MSSSよりもさらに柔軟な設置に対応します。撮影ユニットは、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーを設置。このタイプの新型オービスは無人ではなく、イタズラされないように常に誰かが見張っているケースがほとんどです。(写真/オービスガイド)

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ