EXITりんたろー。「介護は年上のギャルとパーティーっす」

※画像は、EXITりんたろー。さん公式Instagram より

 

824日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が登場し、今ブレイク中の「チャラ男」キャラクターとは真逆の真面目な素顔が明かされ、MCの久本雅美を始め一同感心しきりだった。

 

介護は「チャラ男とお年寄りがコラボ」

 

序盤こそいつものチャラい様子が仕事風景のVTRで明らかになるものの、2人がかつてしていたバイトの話になると空気が一変する。まず、りんたろー。がしていたバイトが介護ヘルパーだったことが明かされると、スタジオ中「えー」と驚きの声が上がる。

 

MCのいとうあさこや久本も「優しいねー」「いい人じゃん」とツッコみを入れるが、りんたろー。は「年上のギャルとパーティーっす」と笑わせた後「8年くらいやってましたね。もともとおばあちゃん子だったんですけど、チャラ男とお年寄りがコラボしたらどうなるかなと思って」と話す。

 

さらに「東京・巣鴨のとげぬき地蔵に行ったとき、壺から煙が出てて、悪いところにかけると良くなるよって教えたとき、あるおばあちゃんが車椅子のブレーキに煙をかけてたんですよ。そこは俺が直すよって思いましたね」とほんわかしたエピソードを明かすと、久本も「胸がキュンとしちゃった」と反応していた。

 

そして兼近はベビーシッターのバイトを行っていたそうで「2年ぐらいやってますけど、子供が好きだったんですよ」と話す。ここで久本が「その髪の色(兼近はピンク色に染めている)だとママはビックリするんじゃない?」と聞くと「より言葉遣いを丁寧にしましたね」と、チャラ男をその時は封印していることを明かして笑いを誘った。

 

そして兼近は「こんな見た目ですけど普段しっかりやってるので今日は一日よろしくお願いします」、「アレルギー反応とかとりあえず聞いても大丈夫ですか?」などと、子供を預ける母親に対する「丁寧な言葉」をシミュレーションしてみせ、スタジオは大爆笑となった。

 

(めるも編集部)

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ