Teslaのスーパーチャージャー、ハワイ3日分の電力を1ヶ月で給電

20190827-tesla-super-chargers-hawaii-3dayscopy
Image: Tesla

でもエコなはず。

Tesla(テスラ)が自社の電気自動車のために世界に展開している急速充電器「スーパーチャージャー」。その驚くべき給電量が、公式発表により判明しました。

テスラによれば、スーパーチャージャーによる1ヶ月の給電量は72GWh。2014年時点では10GWhでしたので、テスラ車両が増えるのにともない大幅に増加していることがわかります。ただこれは急速充電のみの合計なので、通常速度の充電も含めるとさらに多いはず。

ところで、72GWhといわれてもあまりピンときませんよね。そこで、今回はわかりやすい比較も用意されています。
  • ハワイで消費される電力3日分
  • アイルランドで消費される電力1日分

ハワイや国家規模の電力が、世界中のテスラ車両に注がれている…と考えると、なんともワクワクしてしまいます。

なお、スーパーチャージャーは現在1617ステーション、1万4087機器が設置されており、さらに今後はよりパワフルな「スーパーチャージャーV3」の設置がすすめられます。これからもエコな電気自動車で、地球を駆け巡りたいですね!

Source: electrek

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ