横山だいすけ×小林よしひさ“お兄さん”コンビと共演 エビ中・柏木ひなた『手をつなごう』に緊張

NHKの番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん“だいすけお兄さん”こと横山だいすけ、11代目たいそうのおにいさん“よしお兄さん”こと小林よしひさがタッグを組み、親子のためのエンターテインメントステージを繰り広げる『Family Live 2019』が千葉県・舞浜アンフィシアターにて8月24日・25日・26日に開催された。女優・瀧本美織、俳優・鈴木福、そしてアイドルグループの“エビ中”こと私立恵比寿中学も出演しており、ブログでイベントを振り返っている。

横山だいすけはブログで「ファミリーライブ2019横山だいすけ×小林よしひさ! 最後の最後まで走り切りました!!」と来場者や応援してくれた人たちに感謝を伝えつつ、「ただ…まだちょっと終わった実感があまりなく…でも、一つ大きな夢が叶いました。ありがとう」と余韻に浸っていた。

小林よしひさも「三日間幸せでした。新しい事にたくさん挑戦させていただき、私自身も、引き出しが増えた気がしました」、「歌を歌わせて頂いたり、がっつりダンスしたり、新しい体操を披露したり、ほとんどのシーンが挑戦でした」と綴っている。

そんななか、『おかあさんといっしょ』を見て育ったというエビ中の柏木ひなたは「とっても懐かしく 子供に戻った気持ちで楽しみました!」、「うたのおねえさん風に出来たかな」という。

『手をつなごう』(作詞:中川李枝子、作曲:諸井誠)は『おかあさんといっしょ』でおなじみの歌だが、エビ中にも震災復興の想いを込めた同じタイトルのナンバーがあり、彼女は「あの場所での手をつなごうは何回やっても緊張する…笑」と明かしている。

そんな経験も含め「このFamily Liveで新しい発見だったりいろいろ見つける事ができて参加させていただけて嬉しかった!」という柏木ひなた。自分たちのステージにも参考になることが多かったのではないか。

ちなみに瀧本美織がブログで「しばらくFamily Liveの歌が離れないよー! 現場でも歌っちゃうな、これ。笑」、「特に、『ドンスカパンパンおうえんだん』と、だいすけお兄さんの『ハレルヤルーヤ』! もうやみつきです。笑」というように、皆しばらくは頭のなかで「ドンスカドン! ドンスカドン!」などお気に入りのフレーズが鳴り響きそうだ。

画像2~4枚目は『小林よしひさ 2019年8月26日付オフィシャルブログ「千秋楽」』『瀧本美織 Miori Takimoto 2019年8月26日付Instagram「なんと~、我らが沢村さんも観にきてくださいました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ