【麻辣】ファミマの『クセになるポテトチップス花椒味』に新時代を見た! 食べた瞬間、自分の舌がイカれたかと思った



世間は空前の麻辣ブーム。そのなかで最も麻辣にチカラを注いでいるのがファミリーマートではないだろうか? 2019年夏、毎月、毎週のように麻辣商品が発売され、しかもファミマ限定商品も多い。

今回、食べてみたのもそんな限定商品のひとつ。パンダ柄が可愛いポテトチップスである。

・ファミマ限定『クセになるポテトチップス花椒味』を食べてみた
2019年7月30日にファミリーマート限定で発売となった『クセになるポテトチップス花椒味(税抜131円)』。

多くの麻辣お菓子のパッケージが黒×赤というデザインであるのに対し、白地にキュートなパンダ柄というのが特徴的だ。特別感がある~!

パカっと開けてみると、香りはなかなかリアル! 屋台が並び、食べ物の香りが行き交う人によって、かきまぜられたような、中国の雑踏の香りがする。期待して食べてみると……

・自分の舌がおかしくなったかと思った
ん? んんん?

おかしい。全く麻辣を感じないのだ! 「花椒味」なので、「辣(ラー)」が見あたらないのはいいとしても、肝心の「麻(マー)」が行方不明! もしかして花椒パウダーが全体に行き渡っていない? シャカシャカ振ったりしてみたが、いくら食べても美味しい味噌味のポテチであった。

これ、本当に花椒が入っているの? それとも麻辣を食べ過ぎて、私の舌がおかしくなったか? 裏の成分表を確認してみると……

花椒、あるにはあった! ただし、原材料のうち一番後ろに表記! 原材料に占める重量の割合の高い順に表記される成分表で、一番後ろに表記!! どんなに麻辣なお菓子でも花椒が一番に来ることはないが、味噌の風味の方が強く感じた理由は何となくわかった気がしたのだった。

・だがしかし
味噌味のポテチとしては高クオリティであり、「美味しい」「クセになる」はウソではない。でも「麻(マー)」は物足りないなァ……

だがしかし! このポテチを残念な麻辣と位置付けるのは早計だ。麻辣お菓子全般を見渡してみると話が変わってくる。最強麻辣なら『UHA味覚糖 麻ピー(マーピー)』、爽やかお花畑な麻辣なら『スティックカラムーチョ花椒』と、ひとくちに麻辣と言っても様々なのだ。

麻辣にもダイバーシティ時代到来なのか。単なるブームからステップアップしようとしている新しい味なのかもしれない。

【マーラーリストデータ】
『クセになるポテトチップス花椒味』
麻辣度:★☆☆☆☆
中国度:★★★☆☆
特徴:麻辣のダイバーシティ

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ