『嵐』松本潤“T氏の補佐就任”で「活動休止」→「解体」へ急加速!

まいじつ

2019/8/24 17:31

嵐
画/彩賀ゆう (C)まいじつ

』の松本潤が、急激にジャニーズ事務所内での立場を上げているという。それにともない『嵐』は活動休止から〝解体〟へと確実に進むようだ。

「ジャニー喜多川社長の逝去に伴い、若き幹部T氏体制のもと、すでに序列も固まりつつあります。タレント部門の1位は年長組の東山紀之。2番目に松本というのが一般的な見方でした。亡くなったジャニー氏が重篤なとき、詰め掛けたマスコミに病状を発表したのが松本だったからです。事務所の中核である『嵐』の代表というより、現役組代表の意味合いだったのでしょう。その時点で席は約束されていたのだと思います。ちなみに近藤真彦は〝殿堂入り〟しています(笑)」(ジャニーズライター)

一昨年、週刊誌Aがジャニー氏の後継者はT氏か松本だと報じ、その後に週刊誌Bも続報した。最終的にはT氏が後継となったが、

「今後、松本はT氏を補佐すると思われます。T氏は営業と人材発掘を行い、3年後は松本が俳優と並行して演出担当に就くという具体的な話も出ています。松本の演出能力はジャニー氏だけでなく、次期社長予定のジュリー氏も高く評価しているようです」(同・ライター)

しかも松本には、不可思議な行動も確認されている。去る8月10日、ロサンゼルスのリトルトーキョーで行われたフェスティバル『二世週祭』(日系アメリカ人の文化・歴史を祝うお祭り)に、ジャニーズJr.の6人組ユニット『美 少年』が参加。その場に松本が帯同し、変装しながらステージにアドバイスする姿を8月20日発売の『女性自身』が報じている。

「自分の活動でもなく、変装までしていたということは極秘の〝社業〟。演出担当として動きだしたということになります。どうやらT氏の指示のようですね」(女性誌記者)

『少年隊』のように名前だけの存在に…


こうしたことから考えても、松本はT氏に次ぐ立場。序列2位ももっともな話だ。

「『嵐』は来年末で休業に入りますが、それを強く提案したのはT氏。リーダー・大野智は女性問題をはじめとする素行不良。櫻井翔の女子アナとの交際、破局を問題視したようです。ジュリー氏には解散ではなく〝解体〟を主張しているようですね」(同・記者)

『嵐』は松本と二宮和也が俳優。相葉雅紀はバラエティータレントおよび司会。櫻井はキャスターと、それぞれのソロ活動が進んでいる。

「グループは解散せずに名前だけ残す。『少年隊』のように名前だけにすれば、ファンクラブ会費も取れる。松本、二宮、相葉はドル箱だし、櫻井はとりあえず出番があり静観。あとは仕事のない大野をどうするか。松本が上になれば演出という武器があるし、T氏の代理になるのです」(同)

松本の動きにがぜん注目だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ