松下奈緒、ヘッドハンター初挑戦 雫井脩介原作WOWOWドラマに主演

クランクイン!

2019/8/23 07:00

 女優の松下奈緒がヘッドハンター役で主演を務める『連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~』が、11月にWOWOWプライムにて放送されることが決まった。

【写真】『連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~』に主演する「松下奈緒」フォトギャラリー

雫井脩介のビジネス小説『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』(PHP研究所刊)をドラマ化する本作は、さまざまな企業の裏で繰り広げられるヘッドハンターたちの駆け引きや裏切り、だまし合いを描くビジネスエンターテインメント作品。監督は、2018年邦画興行収入ナンバーワンを獲得した『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』の西浦正記。

ヘッドハンティングの世界に足を踏み入れる主人公・鹿子小穂役を松下が演じるほか、小穂が働くことになるヘッドハンティング会社「フォルテフロース」の敏腕女性ヘッドハンター・渡会花緒里役で内田有紀、くせ者だがどこか憎めないボス・並木剛役で小手伸也、小穂たちの宿敵ともなる切れ者ヘッドハンター・戸ケ里政樹役で渡部篤郎の出演も決まった。

アウトドア用品メーカー「フォーン」の創業者を父に持つ鹿子小穂(松下)は、ある日、父がヘッドハンターを介して招へいした人物により、会社を追い出されてしまう。その後、くしくも小穂自身がヘッドハンティング会社に拾われ、新米ヘッドハンターとして、一流ビジネスマンを相手に奮闘、成長していく。

本作で初めてヘッドハンターという職業を知ったという松下は「人脈つくりの方法にも驚きましたし、新たな経験としてとても興味津々で私自身が知らない世界が繰り広げられた脚本にとてもワクワクしました」と話す。

小穂という役どころについては「プライドは高いけど素直で、とても頭の切れる女性だと思っています。チャーミングな部分が描かれているので、小穂というキャラクターを作り上げていく上で脚本がとても味方してくれたように思います。高圧的にならず、憎まれないキャラクターであり、どんな環境、逆境にも負けない心の強さ。どんなこともやってのけるタイプに見える一方で、実は、不器用なところもあります」と説明する。

『連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~』は、WOWOWプライムにて11月放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ