つける指によって効果が変わる!恋愛運や金運があがる指輪のつけ方

Sheage

2019/8/23 07:05


指輪をつけるとき、どの指につけるかを決めていますか?婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指と決まっていますが、特別な役割を持たない指輪は、どの指につけてもいいのでしょうか?実は風水的に左右10本の指にはそれぞれ意味があるのだそう。その意味を知って、運気をアップする指輪の効果的なつけ方を身に着けましょう。

それぞれの指が持つ力とは?運気にはどのように影響するの?


photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

まず、それぞれの指につける指輪の名前、指が象徴する運気と、その指に指輪をつけた場合、どのような幸運があるかについてご紹介します。

■親指

親指は英語でサム(thumb)。親指につけるリングをサムリング(thumb ring)と言います。

親指は、親のような存在、つまり周囲の人を指導する立場を象徴する指だと言えます。古代ローマでは、弓を引くときに親指にリングをはめる習慣があったことから、親指に指輪をつけると、何でも願いが叶うと言われたことも。

・右の親指

指導力や威厳を表します。指導者として、みんなを引っ張っていくリーダーの力が与えられます。

・左の親指

信念を強く持ち、目的に向かって困難に立ち向かうという意味を表します。何か大きな目標がある場合は、左の親指に指輪をつけましょう。

■人差し指

人差し指は英語でインデックス(index)。人差し指につけるリングをインデックスリング(index ring)と言います。「人を指す」という言葉の通り、他人に指示をしたり、他人の見本になるような人物や、行動力があり自信にあふれていることの象徴でもあります。

・右の人差し指

強い意志、リーダーシップを表します。人の上に立ったり、目標を達成しなければいけなかったりするときに、力を発揮することができます。

・左の人差し指

精神力や積極性の高まりを表します。物事に積極的になれないとき、人生の転機にさしかかり、どう進んでいくべきか悩んでいるときに、行動力が得られます。

photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

■中指

中指は英語でミドルフィンガー(middle finger)。中指につけるリングをミドルフィンガーリング(middle finger ring)と言います。直観やひらめきを象徴するので、クリエイティブな仕事をしている人、何かを作る趣味を持っている人は、特に注目したい指です。

・右の中指

直感や霊感の高まりを表します。邪気を払う力もあるので、ここが勝負!というときにつけると良いでしょう。

・左の中指

協調性が高まり、人間関係が良好になることを表します。周囲の人と良い関係を築きたいときにつけるといいでしょう。異性との関係にも良い効果をもたらしてくれるかも。

■薬指

薬指は英語でリングフィンガー(ring finger)。薬指につけるリングは、アニバーサリーリング(anniversary ring)と言います。アニバーサリーとは「記念」のこと。婚約指輪や結婚指輪をする指ならではの呼び方です。薬指は創造性の象徴。特に左手の薬指は昔から心臓に繋がっていると言われていて、命を左右することから、神への誓いをする指という意味合いもあります。

・右の薬指

心が安定してリラックスした状態を表します。その結果、インスピレーションが高まって、クリエイティブなことに力を発揮できるでしょう。

・左の薬指

異性との愛の深まり、周囲との絆が強くなることを意味します。願い事が叶うという効果も期待できます。

■小指

小指は英語でリトルフィンガー(little finger)。小指につけるリングはピンキーリング(pinky ring)と言います。小指は、チャンスの象徴で、思いがけないチャンスを呼び込む指とも言われています。

・右の小指

自分の魅力を自覚すること、それをよりよい形で周囲にアピールできることを意味します。何か願い事があるとき、好感度をアップしたいときにつけると良いでしょう。

・左の小指

現状を変えてチャンスを引き寄せることを意味します。恋人が欲しいときにつけると、チャンスを手にすることができるかも。

目的別、運気を上げる指輪の効果的なつけ方


photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

左右10本の指の基本的な意味や指輪の効果の違いについてご紹介しました。ここではもっと具体的に、アップしたい運気の目的別におすすめの指について解説します。

■恋愛運

・恋愛で主導権を握りたい:右手人差し指

・新しい出会いを引き寄せたい:左手小指

・自分の魅力を相手にアピールしたい:右手小指

・恋愛に積極的になりたい:左手人差し指

・恋人との絆を深めたい:左手薬指(恋人から送られた指輪をつけるとなおいい)

・片想いを両想いにしたい:右手薬指

・恋の障害を乗り越えたい:右手親指

・好きな人との関係をもう一歩先に進めたい:左手親指

・モテたい:右手小指

■仕事運

・壁、難関を乗り越えたい:左手親指

・転機の訪れにどうしたらいいかわからない:左手人差し指

・集中力を高めたい:右手人差し指

・リーダーシップを発揮したい:右手人差し指

・勝負に勝ちたい:右手中指

・インスピレーションが欲しい:右手薬指

・人間関係を改善したい:左手中指

・現状を変えたい:左手小指

・心を落ち着かせたい:右手薬指

・新たなことにチャレンジする:左手人差し指

・商談やプレゼンで成功を収めたい:右手小指

■金運

・金運をアップしたい:右手人差し指

・宝くじを当てたい:右手中指

・昇給したい:右手薬指

運気を上げる指輪の色


photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

指輪はつける指によって、もたらされる幸運に違いがあることがわかりました。では今度は、どんな色の指輪をつけると良いのかについてご説明します。

■ゴールド

ゴールドは、その輝きからパワーの象徴と言われます。「太陽」のように、人にパワーを与えて輝かせ、成長させて富をもたらすもの、それがゴールドです。ゴールドの指輪をすれば、力が与えられ積極的に行動することができるでしょう。それが、その人の魅力のアップにも繋がります。

■ピンクゴールド

ピンクゴールドは、ゴールドに銅や銀、パラジウムなどが加えられ、ピンクの色彩が感じられるようになったもの。ピンクは女性らしさの象徴でもあるので、ピンクゴールドは、女性らしさを高め、恋愛運をアップする効果があると言えるでしょう。

■シルバー

シルバーは、勢いのあるゴールドの輝きとは違って、もっと穏やかな秘めたパワーを象徴します。不安で揺れ動く心を安定させ、ネガティブな気持ちを追い払うことができます。銀は昔から「お守り」として使われることも多いことから、人を守る力があるとも言われています。

■プラチナ

プラチナはシルバーと同じ銀色ですが、シルバーよりも白く輝きがあるのが特徴。白は「神」を象徴する色として昔から崇められてきました。ですから、プラチナには、より高い精神性があると言えるのです。冷静な判断や落ち着きを身に着けたいときに、プラチナの指輪をつけるといいでしょう。

運気がアップする指輪のモチーフとは


photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

指輪を選ぶ際には、色(素材)やデザインがポイントになりますが、何をかたどっているかというモチーフも重要な要素です。そのモチーフが象徴するものによって、運気に与える影響も異なります。ここでは、指輪で主に使われているモチーフにどんな意味があるのかご紹介します。

■ハート

ハートの意味は心臓。幸せや命、愛情を象徴するモチーフです。恋愛の成就や幸せな結婚を望んでいる人にぴったり。ハートのモチーフは、恋人や両親から贈られると、効力があると言われているので、おねだりしてみてはいかがですか?

■花

花は女性らしさの象徴。バラや桜など、人気のモチーフはいくつかありますが、幸せや美、女性らしさなどを意味します。特にバラは、棘があることから魔除けの効果が期待できます。桜は祝福を意味するので、結婚指輪に使われることが多いモチーフです。

■動物

動物のモチーフでは、魔除けの力を持つ猫や、愛や平和の象徴であるイルカなどが人気です。中でも馬の蹄の馬蹄は、ヨーロッパでは昔から災いを避けるお守りとして馴染みが深いもの。喜びの訪れや飛躍を意味するので、仕事運を上げたい人にはおすすめです。

■リボン

リボンは「結ぶ」ことの象徴であることから、人と人との絆を強めたり、良い縁を引き寄せる力があるモチーフと言われます。恋愛に関してはもちろんですが、仕事で良い人脈を得たい時にも効力を発揮するといわれています。

■羽根

羽根は空を飛ぶ鳥を連想させることから、飛躍や運気の上昇を意味します。恋愛でも仕事でも、現状からさらに飛躍したいときに身に着けるといいでしょう。新しいことにチャレンジする人には勇気を与えてくれるかも。

■十字架

十字架は教会のイメージ。神聖なものという意味があり、災いから守る力を持つと言われています。「永遠」の意味も込められていることから、結婚指輪として人気のモチーフ。

■月

月は昔から女神の象徴とされており、女性らしさや優しさを意味します。満ちては欠けていくことから、成長の意味も持ち、金運アップも期待できます。

シチュエーションによって着ける指や指輪を変えよう


photo
出典:https://sheage.jp/article/51012

指輪は、普段何気なく身に着けている人がほとんどではないでしょうか。でも、どの指につけるか、どんな素材、モチーフがデザインされたものにするかによって、意味が違ってきます。恋愛で新しい出会いを求めたいとき、仕事で勝負をかけたいとき、金運をアップしたいとき、日常で出会うさまざまなシチュエーションによって、つける指、つける指輪を変えてみると、幸運が呼び込めそうですね。

writer / Sheage編集部

photo / Shutterstock

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ