マツコ、買っても使わず取って置くという性格を自己分析

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

819日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、お気に入りのものを買っても使わずに取って置くという性格を自己分析し、その原因がある行動によるものと判明した。

 

マツコ「次は絶対に使う」そう誓ったあるもの

 

番組では「もったいなくて壇蜜がついつい過保護に使っちゃうモノ」と題し、タレントの壇蜜が「手拭いなんかも使ってこそですが、お気に入りがほつれて色落ちするのが嫌で、絵柄を楽しむために鏡の前にかけたり、イスの背もたれにひっかけているだけ」と風鈴や頂き物の傘を使わずに飾ってしまうといった内容の記事を紹介。

 

これに対しマツコは「これ、すっごい分かる!」と共感すると「私今その典型的な扱いになっているのが、シーツとかベッドカバー類をちょっとオシャレなのを買ったわけよ。結局それ封も開けずにとってあって」と告白。続けて「擦り切れたら(新しいのに)代えるの」と話すも「(でも)そんなに擦り切れないじゃない。(だから)永遠ともう10年くらい使ってるシーツまだ使ってて、それ(お気に入りのシーツ)を3セットぐらい色違いで用意してあるんだけど結局開けれない」と明かした。

 

これらの行動についてマツコは「もったいないとかっていうのでもないんだよね。もう(性格が)直らない?」と自己分析。すると株式トレーダーの若林史江は「いつか使えるじゃない。今とってあるのは」と話すと「私は子供の服でやりがちになって、子供の服って高いの買っちゃうんですよたまにね。オシャレでかわいいヤツを。でもどーせ汚れるからって着なくてね、パッて開けてみたら1度か2度しか着ずに(子供が)大きくなっちゃった!みたいな」と失敗談を明かした。

 

するとマツコは「あ、思い出した!私そのシーツ買ったあと、結局そのシーツはとっておこうと思って安いのを買ってるわ!」と自ら笑うと「ずーっと、ただそこに置いてあるのよね。なんだろうねアレ」と自分に問いかける「次は絶対使いますそれを!目が覚めました今回」と宣言してみんなを笑わせていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ