常磐道あおり運転 カンニング竹山の痛烈批判に、ネットで同意の声

grape

2019/8/21 17:07

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた『あおり運転殴打事件』が、世間で大きな話題になっています。

高速道路を運転していた男性に対し、白い車に乗ってあおり運転を行った宮崎文夫容疑者。最終的に男性の車を停止させた後、「殺すぞ」などと脅迫し、暴行に及びました。

宮崎容疑者は傷害の疑いで指名手配された後に逮捕。宮崎容疑者は警察の取り調べに対し、暴行に及んだ動機について「前を走る(被害者の)車が遅く、妨害されたと感じた」と話しているといいます。

また事件当日、車に同乗し、被害者男性が暴行される様子を携帯電話で撮影していた喜本奈津子容疑者も、宮崎容疑者をかくまった疑いで逮捕されました。

カンニング竹山「まれに見るダサさの2人」

2019年8月21日に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では、容疑者2人の人柄などについて特集。

今回の暴行事件だけでなく、宮崎容疑者と喜本容疑者が飲食店で過剰なクレームをつけるなど、周囲にしてきたさまざまな迷惑行為なども明るみになりました。

番組のコメンテーターを務めるカンニング竹山さんは、容疑者2人について次のような意見を口にします。

まれに見るダサさの2人ですよ。

哀れな2人ですよね。孤独な中年の2人が哀れになるんです。社会で交わらないと。
直撃LIVE グッディ! ーより引用カンニング竹山さんは、容疑者たちの振る舞いを「ダサい」と一蹴。

続けて、ほかの共演者と一緒に、容疑者2人の関係を「お互いにしか通じない世界観のなかで生きてきたんでしょうね」と推察しました。

ネット上では、カンニング竹山さんのコメントに、さまざまな声が上がっています。

・本当にそれ!

・カンニング竹山さんがズバリといってくれてスカッとした。

・この事件は本当に胸くそ悪い。俺様なあおり運転をする人は車を運転しないでほしい。

罪のない被害者男性に対し、一方的な暴行に及んだことも含めて、容疑者の行為は許しがたいものといえるでしょう。

産経ニュースによると、警察は今回の事件に対し道路交通法違反容疑での立件を視野に捜査しているとのこと。容疑者に対するしかるべき対処が望まれます。


[文・構成/grape編集部]

出典 直撃LIVE グッディ!産経ニュース産経ニュース

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ