『凪のお暇』第5話のあらすじは? 慎二(高橋一生)も人生リセット……その様子が切ない

#ドラマに恋して

2019/8/20 17:15

※画像は、『凪のお暇』公式Instagram より

 

恋の行方も人生リセット計画もどうなるのかが気になる黒木華さん主演の話題のドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜夜10時)。その第5話が8月16日(金)に放送されました。

 

凪のお暇ってどんなドラマ?

 

原作はコナリミサトさんによる同名漫画。

 

主人公は場の空気を読みすぎる独身OL・大島凪(黒木華さん)。対人関係や恋愛に疲れた凪は、「私の人生、これでいいのだろうか」と突如会社を辞め、住んでいたマンションもスマホも解約。持ち物もほとんど捨て、付き合っていた彼氏の我聞慎二(高橋一生さん)さえも切り捨ててしまう。

 

そんなすべてを捨てた彼女の新たな城となるアパートの部屋の隣には不思議な雰囲気を纏う男性・安良城ゴン(中村倫也さん)がいた……凪の人生リセット計画はどうなるのか?

 

凪がゴンにずぶずぶとハマッてしまっていった第4話。そんな凪を見た慎二は衝撃を受けて、凪を罵倒……。気になる第5話のあらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

この投稿をInstagramで見る

凪のお暇(なぎのおいとま)【公式】TBS金曜ドラマさん(@nagino_oitoma)がシェアした投稿

 

ネタバレ注意!第5話のあらすじは?

 

大島凪が「メンヘラ製造機」である安良城ゴンとの恋に堕ちてしまいそうなのを危惧した我聞慎二は、心配しつつもいつもの横柄な言葉で凪を責め立ててしまう。またしても慎二の強烈なプレッシャーに倒れそうになった凪を救ったのは、同じアパートに住む白石みすず(吉田羊さん)とうらら(白鳥玉季さん)の親子だった。

 

これをきっかけに、凪はおざなりになっていた近所づきあいを復活させるが、ママ友の悪口にも負けず建設現場で立派に働くみすずや、友人作りなど学校で充実した生活を送っているうららの姿を見て、凪自身にも徐々に変化が生まれる。

 

「自分の足でちゃんと立っている彼女たちがカッコいい。それに比べて自分はゴンさんとの危ない恋に自分を失いかけて……」と感じた凪は一念発起。ある思いを抱いて、ゴンとの思い出の地である海岸に自転車を飛ばして向かう。しかしその場所はあまりにも遠く、日もすっかり暮れ段々気持ちも萎えていく凪。道に迷った挙句、途中で転んでケガを負ってしまい、助けを求めてとあるお店へ。そこはなんと、慎二が足繫く通うスナック「バブル」の開店したばかりの2号店だった。

 

そこで凪はママ(武田真治さん)に「今まで自分の意志で人生を歩いたことがなかったけど、今すぐに自分の足で、一人で海に行かなきゃいけないんです」と、他人任せの人生から決別したいという意志を伝える。ママもそれに呼応するように海までの地図を凪に渡し「28歳無職、初めて自分の意志で歩きたいんならとことん走りなさい!」と励ました。

 

そして海についた凪は改めて自分の思いを確認。アパートに帰りゴンの部屋を訪れ、預かっていた合鍵を返却。「今までみたいに2人で会うのはもうやめようと思って。これからはまた一隣人としてよろしくお願いします」と、きっぱりとゴンとの決別の意志を示した。

 

その足でハローワークに向かい、相談が終わって外に出てきた凪の携帯に一本の電話が入る。それはスナック「バブル」のママからで「あなた、無職なんでしょ?ウチで働かない?」という誘いの電話で、凪はついにホールスタッフとして働くことになった。大忙しで働く中、とある客がスナック「バブル」2号店の開店祝いに訪れたが、それは常連客でもあった慎二だった。

 

しかも大阪から転勤してきた会社の同僚、市川円(唐田えりかさん)と一緒に手をつなぎながら……

 

青春終了のお知らせ

 

慎二の言葉、自分と同じようにゴンに恋する女の子のゾンビのような顔、そしてお隣に住むうららちゃんの強さに胸を打たれた凪は、ゴンへの恋を終わらせることを決意します。

 

自転車に乗ってゴンと一緒に行った海にひとりで行くとか、青春っぽいですね。まさに『お暇』って感じがします。

 

今回はゴンも慎二も出番が少なめで、凪の内省の回だったのかもしれません。どうして自分はここにいるのか、なぜお暇をとることにしたのか、とか。

 

初心を思い出すだけでなく、「自分が一体どういう人間なのか」ということに気がつきつつあるように思えます。だから、凪の周りに新たに人が増えていくんだろうけれど。

 

そして、何かと空気の読み合いが気になった回でもありました。

・職場で同僚からあれこれ言われる「顔が圧倒的にかわいい」市川円。
・ママ友からサンドバック状態になるうららのお母さん・みすず。
・ママとは対照的に、友達に正直に話をしたらますます仲良くなれたという、うらら。

 

うららのように、素直になることが正解かというと、必ずしもそうではない。多くの人が空気を読んで誰かが我慢することで円滑に進むことを知ってしまっているから。「みんなと一緒」でないとうまくやっていけないって子どものころから知っているから、ついつい空気を読んでしまう。

 

凪が言った「ゴンさんといると空気がおいしい」の意味を改めて考えてしまいます。

 

 

慎二、人生のリセット?

 

雨の中で凪と会ったあと、帰宅した慎二は凪との思い出の品など凪にまつわるものを捨てていきます。

 

歯ブラシとか、カップとかは分かる。
慎二が! 復縁に関する本とか! 買っていたことにびっくりなんですが!!?

何冊もあったけど、全部読んだんですか? 一体どんな顔してその本買ったんですか、本は行動に活かされていたんですか!!

 

そして切ないのは凪とのメッセージを消すシーン。

 

凪はSNSの類はやめているから、慎二とのやりとりをしていたトークルームも「メンバーがいません」。メンバーがいないトークルームなんて真っ先に消しそうなのに、慎二、お前ってやつは……。

 

凪の慎二に対する評価が本当に底辺で少しかわいそうになってしまいます。付き合っているとき、嫌なことばかりじゃなかったはずだよねぇ? と思わなくもないですが、凪が会社をやめてからの慎二の態度はひどかったですし、弁解の余地はなさそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

凪のお暇(なぎのおいとま)【公式】TBS金曜ドラマさん(@nagino_oitoma)がシェアした投稿

 

どうなる第6話!?

 

慎二がオフィスラブを満喫!? 第5話のラスト、円と凪が働く「バブル」に来店したがその続きはどうなったのか?

そしてゴンが凪に初恋?気になる第6話も見逃せませんね!

 

 

見逃し配信サービスも!

 

第5話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で8月23日(金)21:59まで無料で配信。さらに『TBS FREE』でも7日間無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ