『コンフィデンスマン JP』ついにBD&DVD化、長澤まさみらコメント到着

dwango.jp news

2019/8/20 00:00


ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『リーガルハイ』等、映画からテレビドラマまで数々のヒット作を生みだし続ける脚本家・古沢良太によるオリジナルのテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』。



“欲望”や“金”をテーマに、長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、そして小日向文世演じるリチャード、3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)達が、観光業界、不動産業界、医療業界、スポーツ界など様々な業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る痛快エンターテインメント作品は、総合視聴率15.1%と高い水準を記録し、2018年6月度ギャラクシー賞月間賞受賞や2018年4月期コンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演女優賞、脚本賞、東京ドラマアウォードの連続ドラマ優秀賞を受賞するなど好評を博した。

ラストで映画化決定が発表されるや、これまでの視聴者をも欺くドラマの展開から「実はこれも詐欺なんじゃないか」と映画化を疑う声があがるなど、大きな話題に。

そんな映画の舞台は、日本を飛び出し、なんと香港。そして、今作のゲストには様々なドラマ・映画で活躍する主演級が勢揃いした。今回のターゲットとなる香港の女帝ラン・リウ役には竹内結子。世界最高のダイヤを所有し、冷酷非情な性格から“氷姫”の異名を持つミステリアスな女性を演じる。そして、その香港マフィアの女帝が所有するダイヤを狙う天才恋愛詐欺師“ジェシー役”を演じるのは三浦春馬。そしてドラマ第1話のゲスト江口洋介が演じる、ダー子達に20億を騙しとられ復讐に燃える公益財団「あかぼし」の会長“赤星栄介”が再登場。舞台もゲストもスケールアップし、日本映画史上最高峰の<コンゲーム>の幕が上がった。

本作のBlu-rayとDVDの豪華版にはメイキングやイベント映像集などの特典映像に加えて、オーディオコメンタリーも収録予定。加えて、ポストカードセットも封入予定と、劇場で観た方も、これからの方も何度も観て楽しめる内容となっている。発売決定に際し、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世よりコメントも届いた。

劇場興収29.4億円(8月現在)の大ヒットを記録し、早くも映画第2弾の製作も決定している映画『コンフィデンスマンJP』を、是非ご家庭で何度も楽しんでいただきたい。

<【長澤まさみ(ダー子 役) 】コメント>
なんだ、ただの恋愛映画なんだ~っと思いきや、コンフィデンスマンたちがあれやこれやと楽しいことをやってくれる。そんな遊びのある世界観がこの作品の面白さかなと。ふざけてなんかいないんです。こちら真面目にやってます。今回は映画版ということで、新しい仲間が増えたり・お馴染みの方々が再登場したり・なんだか世界規模のお祭りになっていたりと楽しんでもらえる要素満載です。撮影中、ドラマの頃に感じていなかった思いにさせられました。ボクちゃんって意外と良い男かもとか、リチャードって意外に器の大きい男かもとか、五十嵐は。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。そんな印象的な撮影でした。もうコンフィデンスマンたちから離れることができなくなっているあなた!ちゃんとついてきなさ~い。私がいい子いい子してあげる♡

<【東出昌大(ボクちゃん 役)】コメント>
今回もボクがダー子に振り回された日々がDVDになりました。舞台は香港!飲茶美味しかったな~。是非、お楽しみ下さい!

<【小日向文世(リチャード 役)】コメント>
ドラマ版から映画へと、古沢良太氏の脚本が冴え渡った作品になりました。香港ロケがなんとも素敵な空気感を漂わせ、ダー子達が豪華なゲスト陣と弾けます。お友達、ご家族で何度も楽しんで頂けたら幸いです。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ