気持ちが離れちゃうかも…? 彼が「不愉快になる」話題3つ




大好きな彼と会って話をするだけで元気やパワーがチャージされたりします。それはきっと彼も同じ。大好きな彼女とのデートは、少なからず明日から仕事を頑張るための活力になっているはずです。その上で、お互いに何でも言い合える関係になれたらとてもステキですよね。ただ、だからといって「何でもかんでも好き勝手言っていい」ということにはなりません。
あなたは何気なくした世間話のつもりだったのだとしても、それが彼にとっても同じ認識の話題だとは限らないのです。そこで今回は、彼が彼女にされて密かに「ムッとしている」話題についてリサーチをしてみました。

(1)自分以外の男性の話

「彼氏の前で他の男のことを褒める意味って? メンツとかプライドが潰されている気がする」(30歳/営業/男性)

▽ 元カレの話はしないようにと気を配っているひとは多いと思いますが、たとえ元カレでなくとも他の男性の話をするだけで、彼の不機嫌指数は上昇していくらしいのです。大好きな女性から他の男性の名前があがること自体に、ヤキモチをやいてしまうのでしょうね。

(2)誰かの悪口や愚痴

「誰かの悪口や愚痴とかって、聞いていてもあきらかに面白くない話題だよね。まあ、これは彼氏でなくても不快になるのではないかと思うけど……」(27歳/建築/男性)

▽ 時には誰かの悪口や愚痴を聞いてほしくなるときもあるでしょう。人間誰でも感情がありますから、しかたないことだと思います。しかし、だからといってその話題ばかりになってしまうことは避けたいところですね。
彼氏の前だからと気が緩んで、ついつい他では言えない話題に付き合わせてしまっているというひともいるかもしれませんが、もしかしたら「おれの彼女、実はすごく腹黒いのでは?」とか「気難しすぎて友だちがいないのかな?」なんて勘ぐられていないとも限りません。
いずれにせよ、誰かのことを悪く言う女性には魅力を感じないという男性が多いということは、頭の片隅に置いておくといいと思います。

(3)お金の話

「お金って大事なものだけどさ、だからってお金の話が大部分を占めているようなのはダメでしょ。もっと他に大事なものがあるんじゃないかな?」(31歳/編集/男性)

▽ 男性の収入面を聞き出そうとするような話題はなるべく避けたほうがいいですね。これでは彼の収入の高い低いに関係なく、「お金目当てなの?」と思われてしまいかねません。だからといって自分の貯金額、稼ぎ、生活水準の高さなどをひけらかすこともしないほうがいいでしょう。
お金の話題というのは、社会人にとってかなりデリケートな部分。彼女だからといって、ズケズケと踏み入っていい部分ではないのです。

彼が不快にさせる話題は避けて

彼を不快にさせてばかりでは、ふたりの今後の関係性にマイナス方面の影響を与えかねないとも言い切れません。「彼の顔色を伺え」とまでは言いませんが、彼にとっても自分にとっても、「一緒にいて楽しい」と思える時間をつくることができるよう、細かな配慮をしていくことも忘れないようにしたいものですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ