坂道グループに相次ぐストーカー被害! 対応ナシの運営に怒りの声

まいじつ

2019/8/18 10:31

堀未央奈 
(C)まいじつ

乃木坂46』『日向坂46』といった〝坂道グループ〟のメンバーが、相次いでファンによるストーカー被害に遭っている。

8月11日、この日をもって「日向坂」を卒業する柿崎芽実の卒業セレモニーが行われ、何と柿崎はセレモニー内でストーカー被害を告白。数カ月前から柿崎と周辺メンバーにストーカー被害があり、恐怖で握手会を休むことが多くなっていたという。

柿崎は6月の卒業告知ブログで、

《4月ごろから心と身体のバランスがうまく取れないことがあり、お仕事をお休みさせていただくことが多くなってしまいました》
《お休みさせていただいている間に、今までのこと、将来のことなど、たくさん考えました》
《私も自分の人生を考えて卒業という選択をしました》

などと語っていたため、セレモニー内での告白を受けたファンの間では「卒業理由はストーカー被害だったのでは?」との憶測が加速。ネット上では、加害者に対する怒りややりきれない思いなど、悲痛な声が続出する事態となっている。

暴徒化するファンと対策しない無能運営


そして、時ほぼ同じくした8月12日、今度は「乃木坂」の堀未央奈が《プライベートの盗撮、やめてください。友達や家族にも迷惑が掛かるので。。》と、自身のSNSサービスでストーカー被害を告白。立て続けに表明されたメンバーの思いに、ネット上では、

《堀の知名度で気付かれて盗撮までされるってかなりレアだと思うけどな》
《運営が何も声明しないからメンバーがこんなこと発言しなきゃいけない》
《日向坂の件もそうだけどマジでストーカー予備軍いるよな》
《本当にいやならバリバリに変装でもしとけ》
《芸能界はプライベートも売ってなんぼだと思う》

などと、賛否両論が渦巻くこととなった。

「ここの系列グループは〝運営がしっかりしていない!〟などと、たたかれ続けています。『NGT48』の山口真帆がファンに自宅で待ち伏せされて殴られた事件で、あれだけ騒ぎになったのに、メンバーのプライベートをしっかり守ろうとする動きはいまだに見えてきません。AKB系列も坂道グループも、上は総じて無責任で、アイドルを金稼ぎの道具にしか考えていない。無責任にメンバーを増やし、面倒を見切れなくなっているようです」(アイドルライター)

「怖い思いをするかもしれない」と志望者が減れば、アイドル業界全体が冷えかねない。「AKB系列」や「坂道グループ」は、最大手としての自覚をしっかりと持つべきだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ