“パントのお姉さん”上原りさ、27年間彼氏なし……初めて手を繋いだ男性は”よしお兄さん”

※画像は、『今夜くらべてみました』公式Instagramより

 

814日放送の『今夜くらべてみました』に、NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』の「パント!」のお姉さんを7年間務めていた上原りさが登場。今まで彼氏がいたことは一度もなかったため、収録中のよしお兄さんとのふれあいが恥ずかしかったと明かした。

 

初めて手を繋いだ男性は体操の「よしお兄さん」

 

アニメ『うたのプリンスさまっ♪』の大ファンだという上原。27歳にしてアニメの世界に迷い込んでしまっている理由を「今まで彼氏とかいたことも作ったこともなくて」と説明。「絶対『付き合おう』って言われるでしょ、この感じなら」と不思議がる出川哲郎に「ないですね」と即答し、キスの経験もないと明かした。「初めて男の人としっかり手を繋いだのは、よしお兄さん(小林よしひさ)で。曲の中で鼻を押したり、ほっぺたぎゅーてやったりとかするんですけど、最初それが恥ずかしくて恥ずかしくて。目が見れないです」と、収録中に照れてしまっていたと明かした。

 

共演者の小林やだいすけお兄さん(横山だいすけ)に対して特別な感情を抱いたことはなかったかと尋ねられるも、「ないんですよ。家族といるより一緒にいるんですよ。家族になっちゃうんです」と笑顔。それでも地方公演などで夜一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだりしてもそういう感情は生まれないのかと聞かれても、「『お疲れさまでしたー』って各々自分の部屋に帰って行って」と、一線を飛び越えることはあり得なかったと語った。

 

「(NHKの)縛りとかすごいあるんですか?」、「恋愛はしてもいいんですよね?」というSHELLY 指原莉乃の質問に「恋愛はOKです」と上原。

 

「『(恋愛は)バレないようにね』ぐらいな。食べ歩きがダメ。ディズニーとか行っても座って食べてました。一応気を付けてました、お子さんがいっぱいいるので」と発言し、スタジオ陣は驚いていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ