元NMB48市川美織が絶賛! 皮ごと食べられる「広島レモン」3つの魅力

TOKYO FM+

2019/8/15 20:00

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月15日(木)の生放送は、「広島レモン大使」をつとめる元NMB48の市川美織さんに「広島レモン」の魅力を教わりました。



8月7日(水)にファースト写真集「PRIVATE」(玄光社)を発売した市川さん。「広島レモンの好きなところ」を3つ紹介しました。

◆農家の方々の愛情が詰まっている
生産量日本一の広島レモンは、1898(明治31)年から栽培を開始し、約120年の歴史を誇ります。国産の60%以上が広島県産。夏のイメージが強いレモンですが、旬は、秋から春にかけて。夏から秋は、香りの良いグリーンレモンが流通します。

広島にはレモン農家が約1,000人いるのだとか。市川さんは、「皆さんのおかげで、美味しいレモンができる。愛情がなければレモンは酸っぱいだけですから」と感謝の気持ちを口にしました。

◆皮ごと安全に食べられる
市川さんは、レモンを丸ごと使ってハチミツレモンを作るそうですが、それは皮に余分なものが付いていないからできること。輸入レモンの多くは輸送中に痛まないよう、防カビ剤やワックスを使用しますが、広島のレモンはそれらを使わず、皮まで味を楽しめるのがポイントです。「皮には香りの成分がたくさんあるので、全部使ってもらいたい」とオススメしました。

インスタ映えする形
広島レモンは、ハート形や星形など、さまざまな形があります。6月頃のまだ小さな時期に、型にはめて成長させると、写真映えする見事な形のレモンが完成。市川さんのオススメはそのままスライスして紅茶に乗せたり、ハチミツレモンにしたり、さらには「レモンを丸ごと使う料理にもいい」と提案しました。

スタジオには、レモンを使った広島土産が登場。レモンの皮を短冊状にカットして砂糖漬けした「がじゅり!レモンピール」や、広島レモンの果汁が入った「広島レモンサイダー」、サクサクな食感の「イカ天瀬戸内れもん味」など……。たかみなは「美味しい! ぜひ皆さんも試してほしい」と、すっかりハマった様子でした。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年8月23日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ