TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』、第7話のあらすじ&先行場面カット


2019年7月から放送開始となったTVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』より、第7話「揺れ、の、その先」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』、第7話のあらすじ&場面カット

■第7話「揺れ、の、その先」
合宿に来た文芸部。ひと葉は山岸に迫ってみるも、簡単にあしらわれてしまう。
お風呂でのぼせてしまった和紗は、新菜に介抱してもらうが、新菜の焚きつけるような口調に乗せられ険悪なム―ドに。
ケンカになりそうになったその時、り香が止めに入り、とあることを提案する。
「合宿と言えば――。」

TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、MBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠ほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ