静岡茶を使ったかき氷「茶氷」が大集合!「茶氷フェス」限定メニューも【静岡】

じゃらんnews

2019/8/15 16:00


【静岡茶氷三昧】SANOWA by marutamaen

静岡茶の魅力を「かき氷」を通して伝えたい、という思いから2018年に発足した「茶氷プロジェクト」。お茶を知り尽くした地元のお茶カフェなどに、静岡のお茶を使った「茶氷」メニューを作っててもらい販売したところ、大好評!そんな茶氷プロジェクト参加店舗の中から、10店舗20種のかき氷を販売する「茶氷フェス」が開催します!

開催期間は2019年8月17日(土)と18日(日)の2日間で、入場無料です。お茶所静岡の「茶氷」、美味しいにきまってますよね!
「茶氷フェス」参加店舗のメニューを一部ご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース
【しずおか茶畑】天然氷のかき氷 ふわり山ふわり(静岡市)

【しずおか茶畑】天然氷のかき氷 ふわり山ふわり

茶氷フェスでしか食べることができないメニューの中でも「しずおか茶畑」は注目の逸品です!使っている氷は、日光にある極寒の採氷池で3週間もかけて凍らせたとても貴重なものなんですよ。

人工的に作られた氷で作ったかき氷と、天然の氷を使って作られたかき氷では、食感がビックリするほど違うんだそうです。口に含んだ瞬間のふわふわ感は、これまで体験したことがないかも。ふわふわのかき氷に静岡茶パウダー、ホイップクリーム、ココアのコラボレーション。想像しただけでもワクワクしちゃいますよね。

数量限定なので、売り切れちゃった…なんてことにならないように、早めに来店することをおすすめします。他にも、同店では静岡茶ホイップミルク、チャイミルク、紅茶ミルクなどのかき氷も楽しめちゃいますよ♪

価格/700円~1000円
【炙りかき氷 抹茶】パティスリー46(静岡市)

【炙りかき氷 抹茶】パティスリー46

店舗自慢のカスタードを焦がしたブリュレがのっている、パティスリーならではの新感覚の炙りかき氷。ブリュレのパリっとした食感と、静岡産抹茶シロップをかけたふわふわな氷の組み合わせを堪能できちゃいます♪

価格/800円
【クリームチーズ抹茶ピンス】MATCHA PLACE(静岡市)

【クリームチーズ抹茶ピンス】MATCHA PLACE

静岡で食べられるのはここだけ!お店でもリピーター続出の新感覚のかき氷「抹茶ピンス」にレモンの酸味が効いたクリームチーズがたっぷり♪

抹茶ピンスには濃~いオーガニック抹茶を贅沢に使用しています。濃厚な抹茶の風味とさっぱりとしたクリーム チーズがたまらない茶氷!!

価格/500円
【泡わっ!まっ茶 / 泡わっ!ほーじ茶】雅正庵(静岡市)

【泡わっ!まっ茶 / 泡わっ!ほーじ茶】雅正庵

静岡県産茶葉を使用した自家製シロップのかき氷の上には、ふわふわの“泡”のようなメレンゲと雅正庵の代表「生クリーム大福 鞠福」がどーんとのっています。

一番茶のみを使用した抹茶と、碾茶にひと手間加え焙煎したほうじ茶の2種類がありますよ♪写真は「泡わっ!まっ茶」。インスタ映えなフォルムですね。

価格/各600円
【川根茶金時 / ほうじ茶金時】朝日園 茶房 遊(島田市)

【川根茶金時 / ほうじ茶金時】朝日園 茶房 遊

川根茶パウダーと自家焙煎ほうじ茶パウダーがあずきと相性抜群!お茶の香りと味わいで、金時をさっぱりと食べられそうですね。写真は「ほうじ茶金時」です。

価格/各500円
【お茶屋が作ったお茶のシロップとかき氷】MARUZEN Tea Roastery(静岡市)

【お茶屋が作ったお茶のシロップとかき氷】MARUZEN Tea Roastery

フワフワの氷にお茶屋が作ったお茶シロップがいろいろ選べるかき氷が登場!店内焙煎した、清水区両河内産一番茶を使い、0℃(荒茶)、100℃・130℃(煎茶)、160℃・200℃(焙じ茶)、0℃(抹茶)、80℃(玉露)、100℃(新茶)、130℃(玄米茶)、の9種類が用意されているそうですよ!お気に入りのシロップを探してみて下さい!

価格/600円
【両河内 和紅茶氷】グリーンエイト(静岡市)

【両河内 和紅茶氷】グリーンエイト

静岡で作られているのは日本茶だけと思っている方もいるかもしれませんが、実は、紅茶も栽培されているんです。茶氷フェスでは、静岡で大事に育てられた和紅茶「ロイヤル」を使ったかき氷を食べられちゃいます♪両河内は、幻のお茶の産地とも呼ばれている場所で、一般には流通していないお茶が栽培されている地域なんです。

和紅茶「ロイヤル」の特徴は、渋みの少なさと繊細な味わい。そんな和紅茶に、きび糖を加えたシロップが完成!さらにいちご、レモン、キウイの手作りフルーツソースの中から好きなものをひとつ選べます。

価格/600円
【濃厚&ふわっふわの深蒸し茶かき氷】森木農園(牧之原市)

【濃厚&ふわっふわの深蒸し茶かき氷】森木農園

牧之原にある自社農園で大切に育てられた深蒸し茶を100%使った「濃厚&ふわっふわの深蒸し茶かき氷」。
深蒸し茶の味わいをさらに引き立てるように、甘さ控えめの国産小豆とマスカルポーネを使って作られたふわふわの真っ白なエスプーマソースは、お茶の香りやミルク、あずきと絶妙のハーモニーをお口の中で奏でてくれることでしょう♪

価格/700円
【氷煎茶 / 氷ほうじ茶 / 氷ハーフ&ハーフ】茶工場(株)浜佐商店(静岡市)

【氷煎茶 / 氷ほうじ茶 / 氷ハーフ&ハーフ】茶工場(株)浜佐商店

“夏は氷でお茶を楽しむ”という発想から生まれたオリジナルかき氷。お茶屋だからこそできる、煎茶とほうじ茶の素材をふんだんに使ったシロップは濃厚・絶品です。さらに、底の部分にはお楽しみが…!写真は「氷ハーフ&ハーフ」です♪

価格/各500円
【静岡茶氷三昧】SANOWA by marutamaen(焼津市)

【静岡茶氷三昧】SANOWA by marutamaen

茶氷の食べ比べをしたいなら「静岡茶氷三昧」がおすすめです。
コクと甘みの朝比奈産濃抹茶、こうばしい香りとさっぱりとした味わいの本山産ほうじ茶、華やかな香りとさわやかな甘みの牧之原産和紅茶の3種。一度に3つを味わえちゃうなんて、贅沢ですね!1種類いちごのかき氷にも変更できるそうですよ。

価格/700円
まとめ

茶氷フェス

暑い夏にピッタリのイベント「茶氷フェス」には、10店舗が参加し約20種類の「茶氷」が販売されます。「茶氷フェス」の会場だけで食べられる限定メニューも登場する予定。

会場では、『駿府城夏まつり「水祭-suisai-」』も同時開催中!人気アーティストが集結するMUSICステージや笑いと音楽が融合するエンタメステージ、光を使ったナイトエンターテインメントのほか、水を演出に使ったオブジェやアトラクションなども楽しめますよ!

静岡ならではの、香り豊かな茶氷とエンターテインメントを堪能しちゃいましょう♪これはもう行くしかありませんね!

茶氷フェス
開催期間/2019年8月17日(土)・18日(日)
開催時間/11:00~21:00(予定)※ナイトエンターテインメントは~23時(予定)
開催場所/駿府城公園(静岡県静岡市葵区駿府城公園1-1)
料金/入場無料
アクセス/JR 静岡駅より徒歩15分、静岡鉄道 新静岡駅より徒歩12分
「茶氷フェス」の詳細はこちら

情報提供元/公益財団法人するが企画観光局

※この記事は2019年7月時点での情報です

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ