台風北上 夜~あす明け方 東海や関東も滝のような雨

日直予報士

2019/8/15 18:40

15日夜から16日明け方は東海や北陸、関東甲信で雨のピーク。滝のように、非常に激しく降る所もあるでしょう。

●強雨エリアは東へ

大型の台風10号はきょう15日(木)夜には日本海に達し、次第に速度を速め、日本海を北東へ進む見込みです。台風の進路がやや東よりに変わることから、活発な雨雲のエリアも東へと移動します。日中は四国で1時間に50ミリを超えるような非常に激しい雨の降った所がありましたが、今夜からあす16日(金)の明け方にかけては東海や北陸でも局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。三重県では息苦しくなるほどの猛烈な雨が降る恐れがあります。雨のピークが暗い時間にあたり、視界がいっそう悪くなります。道路が川のようになったり、低い場所に水が流れ込んだりする所もありそうです。また、非常に強い風の吹く所がありますので、停電に備えて、懐中電灯やスマホの充電などを確認しておきましょう。

●関東甲信も非常に激しい雨 のち 猛暑

台風から離れている関東甲信も油断できません。今夜も発達した雨雲が次々と流れ込むでしょう。特にあす16日(金)の明け方にかけては関東北部や甲信で局地的に非常に激しく降りそうです。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。あすの昼前までは断続的に激しい雨の降る所がありますが、天気は急速に回復に向かい、気温がグンと上がります。さいたま市など内陸部を中心に猛暑日となるでしょう。さらに17日(土)と18日(日)は都心も含めて広い範囲で猛暑日となり、40度に迫るような危険な暑さとなることも考えられます。雨の後は猛烈な暑さにお気をつけください。

●東北や北海道も大荒れに

なお、台風(または台風から変わる温帯低気圧)の接近に伴い、16日(金)から17日(土)は東北や北海道で雨や風が強まり、大荒れとなる恐れがあります。このあとも最新の台風情報、気象情報を確認してください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ