近藤春菜「24時間駅伝ランナー」のおかげで嵐・松本潤から“ゴチ”に!?

アサジョ

2019/8/15 18:15


 8月24日、25日の2日間に渡って放送される毎年夏恒例の番組「24時間テレビ 愛は地球を救う 人と人~ともに新たな時代へ~」(日本テレビ系)。この番組の目玉企画「24時間駅伝」で、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、3人目のチャリティーランナーであることが発表された。

「今年は、4人のランナーで襷を繋ぎ42.195キロを走る“駅伝方式”。すでにいとうあさことガンバレルーヤ・よしこの参加が発表されています。この間は神奈川県内で取材会も行われ、そこで春菜は先日プライベートで訪れた焼肉屋で、番組のメインパーソナリティを務める嵐・松本潤にバッタリ遭遇。『知らない間に(松本が)お支払いを済ませてくれて“(ゴールで)待ってるからね”と言ってくれた。絶対好きじゃん!』と感激した様子で語っていました」(スポーツ紙記者)

ふくよかな体型が特徴の近藤だが、駅伝出場に向けて食事制限とトレーニングでなんと6キロの減量に成功したという。また、ランナーであることを隠し続けていたことに責任を感じていたようで「ネットでは、3人目は誰?ってなっていて自分でいいのか、めちゃくちゃプレッシャーだった」とも語った。

そんな中、ネットで心配されているのが、ここ連日日本各所を襲っている“猛暑”。SNSでは「熱中症などになり、大きな障害が残らない事を祈ります」「真夏の過酷な時に走らせるなんて公開処刑と同じだよ」「真夏の炎天下に走らされるって…本当にかわいそう」など、心配する書き込みが頻繁に上がっている。

「『24時間テレビ』ではありませんが、2009年に開催された東京マラソンで、ランナーとして参加していたタレントの松村邦洋が開始から約15キロの地点で倒れ、一時心肺停止状態になり都内の病院に運ばれ入院するという事態が起きました。開催されたのは3月末でしたが、『24時間駅伝』は真夏の開催。熱中症が危ぶまれるのも無理はありません」(スポーツ紙記者)

レギュラー出演している生番組「スッキリ」(日本テレビ系)では「足を引っ張らないようにしたいですし、太っていることも理由にしたくない」と、意気込みを語っていた近藤。くれぐれも水分補給をしっかりして、万全の対策で臨んでもらいたいものだ。

(窪田史朗)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ