「サイン」松雪泰子のシチュエーションに合わない不自然衣装の“意味”とは?

アサ芸プラス

2019/8/15 17:58


 7月スタートのドラマもそろそろ佳境。当初は韓国ドラマのリメイクものが3本もあることが話題になった。その中で最も好調なのが「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」(テレビ朝日系)だが、このドラマ、ストーリーとは別の面でも注目が集まっている。

「主人公の柚木貴志(大森南朋)の元妻で、女性初の捜査一課長を目指す管理官・和泉千聖を演じる松雪泰子の服装です。とても警察官とは思えないエレガントなものばかりで視聴者からは賛否両論が出ているのですが、これもドラマ作りにおける“仕掛け”なのでしょう」(テレビ誌編集者)

管理官といえども警察官。普段は制服、もしくはスーツ姿というのが一般的。しかし松雪の場合、スーツ着用でもブラウスはシックなものできめ、第一話では白のパンツ、第三話ではボタンパンツを颯爽と着こなし、《46歳にして体型も崩れず何でも似合う》《こんなお巡りさんなら捕まりたい》といった声までネットに寄せられている。

「確かにどれもよく似合っていましたが、第三話の取り調べの際に着ていたボウタイ付きのブラウスは、シチュエーション的にあまりに不自然。四話においても、解剖室での立会シーンや医者への事情聴取に着ていたオシャレ服は、完全にミスマッチでした。しかし、もちろん衣装提供の事情はあるのでしょうが、ストーリーが医療ミス疑惑、不審死といったかなり重いテーマを扱うため、全体が暗くなりがち。視聴者の反応を見ても、その中で松雪のファッションは、一服の清涼剤のような役割を果たしているようです」(スポーツ紙文化担当記者)

そんな話を聞くと、松雪ばかりに見入ってしまいそうだ。

(津田昌平)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ