近畿 16日まで大雨暴風と高波高潮に警戒を

日直予報士

2019/8/15 16:37

台風10号は中国地方を縦断したあと日本海を北東に進む見込みです。近畿地方は、15日夜にかけて台風が最も接近しますが、台風が日本海に進んだ後も16日朝まで土砂災害や浸水害、河川の増水や氾濫、高波に警戒が必要です。また、播磨灘や大阪湾では高潮にも警戒をしてください。

●播磨灘や大阪湾では高潮に警戒を

現在、大潮の時期で、平常時の潮位が高くなっています。台風の接近や、台風に向かって吹く南風の影響を受け、15日夜の満潮時刻には播磨灘や大阪湾では通常より潮位がさらに高くなる見込みです。高潮に警戒をしてください。

●16日未明は、北部や中部でも雨風強まる

台風が日本海に進んだあと、台風に向かって強い南よりの風が吹き込む見込みです。このため、近畿地方では15日夜から16日未明にかけて南部だけでなく北部や中部でも雨風ともに強まる見込みです。引き続き16日朝まで土砂災害や浸水害、河川の増水や氾濫、高波に警戒をしてください。暗い時間帯に雨風が強まるため、外出は控え、家の中の安全な場所で過ごすようにしましょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ