“3つの方法”で自分を変える! 3年連続日本一 カリスマ美容師の言葉とは?

TOKYO FM+

2019/8/15 16:00

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月14日(水)の生放送では、人気美容師の高木琢也さんに“ぼんやりした自分を突き抜ける方法”について伺いました。



現在34歳の高木さん。2013年に「OCEAN TOKYO」を立ち上げ、この秋には渋谷に7軒目の店舗をオープンするそうです。また、日本最大級のヘアコンテストでは2017年から3連覇。美容師が選ぶ「好きな美容師ランキング2018」では約51万人のなかで見事1位に。カットは基本的に2ヵ月待ち、予約も3分で埋まってしまう超売れっ子の美容師です。

そんな高木さんによる“ぼんやりした自分を突き抜ける方法”とは?

◆気になったことを10個以上やる!
「1個や2個じゃなく、いっぱいやって、そのなかから選んだほうが楽しい」と言います。全ては経験してから選べばいいタイプだそうで、技術や考え方も、たとえ正解論があったとしても「引き出しは増やしたほうがいい」と力説します。

◆相手の立場で考え抜く!
「成功した場合だけではなく、失敗した場合のことも常に考えている」と高木さん。うまくいけばいいものの、両方のイメージを用意しておかないと、失敗したときのダメージが大きいからだそう。

もちろん、美容師として、お客さんのこともとことん考えています。髪を切る際には、左右非対称の頭蓋骨に髪のクセ、毛穴の向き。そして、髪の生え方や顔の形、首の長さ、肩幅、さらには私生活まで。日々、髪の毛にどれぐらい時間をかけているかも重要で、あまり時間をかけていない人には、時間がかからない髪型にしているそうです。それを聞いたたかみなは「まるで頭のお医者さんのよう……」とビックリ。

これは「気になったことを10個以上やる!」に通ずる部分がありますが「僕が優れているとしたらそういうこと。最初は特技と言えるものがなかったからこそ、お客さん目線で、人が気にならないところまで気を配れる人になろうと思った」と振り返ります。

◆何でも簡単だと考える!
高木さん曰く、難しいと思うから難しいそう。「小学生のころには難しいと思っていたかけ算や漢字も最終的にはできるようになる。できるようになるのなら、難しいと思う時間がムダ」と言います。

また、もしもネガティブなお客さんがいたら、その人も変えていきたいとか。そのためには「お客さんが気付いていない良い点を教えてあげる」ことが大事だと高木さん。

例えば、日本人の目は左右非対称で、大きい目のほうから髪を流してあげると似合うそう。そういった意外と気付いていないことを教えてあげるだけでも、周囲からの反応が良くなり「何かちょっと変えるだけで、その人の人生がハッピーになる」とのこと。

たかみなは「マンガの主人公みたい……」とポツリ。高木さん自身、過去に凹んだときには人気漫画「ONE PIECE」を見ていたそうです。そして「人生の主人公は自分、凹んでいる自分を誰が見たいのか。俺が読者だったらイヤ。どういう主人公なら読みたくなるか、応援したくなるか、そんなことを考えている」と話していました。

高木さんは今年5月に著書「這いつくばった奴が生き残る時代 道あけてもらっていーすか?」(宝島社)を発売。気になる方はぜひチェックしてみてください。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年8月22日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ