乃木坂46・秋元真夏が次期キャプテンに、15日の大阪公演は台風10号の影響で中止

AbemaTIMES

2019/8/15 11:25



 アイドルグループ・乃木坂46が、台風10号の影響に伴い、15日に開催予定の全国ツアー大阪公演の中止を発表した。

グループの公式サイトによると「8月15日京セラドーム大阪にて開催予定でした、『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』は台風10号の接近が予測されており、お客様の安全を考慮いたしました結果、やむを得ず中止とさせて頂きます」と発表。「楽しみにしていたお客さまにはご迷惑をお掛けいたしますこと、また公演開催直前のご案内になりましたことを、お詫び申し上げます」とファンに向け謝罪した。公演のチケットはすべて払い戻しされるとのこと。


 また、予定通り開催された14日の京セラドーム公演では、次期キャプテンを1期生の秋元真夏が務める事がサプライズ発表された。秋元は、観客の大きな拍手に対して泣きながら一礼し、「次期キャプテンになる事をここまで温かく迎えて頂けるとは思っていませんでした。今まで玲香が引っ張ってきたグループを受け継ぎ、そして皆さんが笑顔で楽しんで頂けるようなグループを作っていきたいと思います!」とコメントした。

乃木坂46は7月3日の愛知・ナゴヤドーム公演を皮切りに、『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』を開催中で、名古屋、福岡、今回の大阪を経て、9月1日に東京・明治神宮野球場でファイナルを迎える。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ