カシオ「Scuderia Toro Rosso」と“EDIFICE”のコラボレーションモデル発売決定!

IGNITE

2019/8/15 11:00


2019年用マシン「STR14」をモチーフにした、薄型クロノグラフ。

カシオは、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、世界最高峰のF1レースで活躍する「Scuderia Toro Rosso(スクーデリア・トロロッソ)」とコラボレートした薄型クロノグラフ『EQB-1000TR/EFR-S567YTR』を9月13日に発売する。



■『EQB-1000TR/EFR-S567YTR』のカラーリング

「Scuderia Toro Rosso」の2019年用マシン「STR14」をモチーフとして、ボディに用いられているブルー、レッド、シルバーの3色を基調にカラーリングを施した。

『EQB-1000TR』の時計全体、『EFR-S567YTR』の文字板には、それぞれチームカラーを象徴する青地に赤いラインを印象的にレイアウトしている。両モデルとも、ベゼルとインダイアル以外の文字板全体には、レーシングカーに欠かせないカーボン素材を採用し、モータースポーツの精悍さを表現した。



■デザイン

文字板と裏蓋にはチームロゴを、9時位置のインダイアルにはチームを象徴する牛のイラストをあしらっている。

「Scuderia Toro Rosso」の世界観を随所に散りばめ、所有する喜びを得られる特別感のあるモデルに仕上げた。





■EQB-1000TR 75,000円+税
タフソーラーやスマートフォンリンク機能を搭載した薄型クロノグラフ「EQB-1000」をベースモデルとして採用。

ベゼル全体にカーボンを積層したパーツを採用している。青地に赤いラインがポイントのバンド素材には、CORDURA®ファブリックを使用したケブラー®繊維インサートクロスを用いることで、軽さやフィット感だけでなく、耐久性も高めた。





■EFR-S567YTR 30,000円+税
メタルバンドの薄型クロノグラフ「EFR-S567YD」をベースモデルとして採用。

メタルベゼルの上面にカーボンのプレートを装着し、文字板にはチームを象徴する赤い縦のラインを大胆にデザインしている。





■Scuderia Toro Rosso×EDIFICE
「Scuderia Toro Rosso」は、イタリア北部のファエンツァを本拠地とし、新進気鋭の若手ドライバーを擁するレーシングチーム。同チームの持つ若く勢いのある躍動感、マシンに注ぎ込められた革新的な技術、そしてスピードを追い求める情熱が、“EDIFICE”の世界感と相通ずることから、2016年よりオフィシャルパートナーとしてスポンサードしている。

F1好き待望のモデルをぜひお見逃しなく!

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ