池田エライザ「幸せです」 初監督作で抜てき、3人への熱い思い


女優・池田エライザが初監督を務める映画のタイトルが『夏、至るころ』に決定し、主要キャストが15日、発表された。2020年夏公開に向けて、8月中旬以降に福岡県田川市にてクランクインする。

本作は、地域の食や高校生とコラボする青春映画制作プロジェクト「ぼくらのレシピ図鑑」の第2弾。福岡県田川市を舞台に、幼馴染の少年2人と不思議な少女のひと夏の出会いを、田川の風景、力強い和太鼓が情緒的に奏でる音楽にのせて描く。

主演は、月9ドラマ『トレース 科捜研の男』で俳優デビューし、本作が映画初主演となる倉悠貴。応募総数2012人のオーディションで選ばれた新人・石内呂依、AbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい3』や「ほっともっと」のCMなどで注目を集めるさいとうなりがメインキャストを務める。そのほか、主人公の父親役を安部賢一、母親役を杉野希妃、祖父役をリリー・フランキー、祖母役を原日出子、ペットショップ店員役を大塚まさじが演じる。

本作のタイトルについて、原案も手掛けた池田監督は「高校三年生。この夏が始まれば、この夏が終わってしまう。言語化できない気持ちを抱えた少年たちが、雲の高い空の下で今日も頭を抱えて生きている。そんな2人の高校生の心が、夏の魔法に魅せられ、世界が彩り豊かになっていく瞬間を切り取ろう。忘れられない思い出が生まれる瞬間に寄り添おう。そういう思いで、『夏、至るころ』というタイトルをつけました」と説明。「そんな少年達を優しく包み込む素敵な大人たちに、これまた素敵な役者様が集まってくださりました」と感謝し、「皆様の心に触れるのが楽しみです」と期待を寄せる。

また、3人の起用理由については、「倉くんの陰と陽の狭間で漂うような立ち姿に、主人公の翔と同じ匂いを感じます。無限大な可能性を持つ彼に丁寧に向き合いたいと思います。ろいくんのお芝居を初めて見た時、素直に悔しいなあと思いました。技術的なことだけではなく、彼の今までの人生が創り上げた魅力がたっぷりと溢れ出していたからです。撮りこぼしてしまわぬようにスクリーンに出来る限り彼の素晴らしさをおさめたいと思います。なりさんは、見ている私たちを良い意味で不安にさせてくれます。次はどんな顔を見せてくれるのだろうか。なにを言い出すのだろうか。そんな彼女に心から惹かれました」と熱弁し、「この3人が起こす化学反応を一番近くで見ることが出来ることが幸せです」と監督としての喜びを伝えている。

■倉悠貴コメント
このお話を頂いて、主演という大役に驚きつつもとても嬉しかったのを覚えています。翔という男の子は、自分が何になりたいのか、どうなりたいのか分からず、心に葛藤がある高校生です。翔の心の揺らぎや感情と丁寧に向き合いながら、演じたいと思っています。撮影はこれからですが、監督はじめ、田川市の方々、スタッフやキャストの皆様と協力して、素晴らしい作品になるよう、全身全霊で頑張ります。

■石内呂依コメント
今回この映画に出演するにあたって、お芝居をすることも、映画に出演させていただくのもはじめての経験で、オーディションに合格したときは本当に夢のようでした。たくさんの応募者がいるなかで、平川泰我という役をいただけて池田監督にはとても感謝しています。そして、実際にお芝居をやってみてまだまだ未熟な部分はたくさんありますが、この映画に関わっている方々の力を借りつつ、自分なりに楽しくいい作品を創り上げていきたいと思っています。

■さいとうなりコメント
都役を勤めさせていただきます、さいとうなりです。わたしが演じます都は、自分と重なる部分が多く、都さんと出会えたことに不思議な縁を感じています。そして今回、福岡県田川市という素晴らしいロケーションが舞台になる作品ということで、田川市の豊かな自然に身を任せて等身大でお芝居を楽しめたらなと思います。どんな景色が私たちを待っていてくれるのか本当に楽しみです!

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ