「あなたの番です」に高まる映画化の噂…まさかの「スター・ウォーズ」化も!?

アサジョ

2019/8/15 07:15


 まさかここにきて新たな殺人が行われるとは!

交換殺人をテーマにしたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)にて、二週連続で新たな犠牲者が発生し、事件の“考察”に勤しんでいる視聴者を混乱させている。

8月4日放送の第15話では謹慎処分中の神谷将人刑事が、手足とこめかみに建築用のビスを20本以上も打ち込まれた無残な状態で発見。そして11日放送の第16話では、理系女子大生の黒島沙和を高校時代からストーカーしていた大学生の内山達生が、ダーツの矢を自分に発射させる仕掛けにより死亡。これが自死なのか、それとも第三者による自死を装った殺害かも判然としないまま、ますます謎が深まっている。

「7月から始まった後編の“反撃篇”では、それまでの第一章で発生した殺人事件の謎が解き明かされていくものと思われていました。ところがここにきて犠牲者が増え、連続殺人劇は複雑さを増すばかり。本作は残り5~6話しかなく、この調子だと最終的な解決には至らないまま終わるのではと、視聴者も疑心暗鬼になっています」(テレビ誌ライター)

そのため視聴者の一部からは、「続きは映画館で!」とばかり、解決編が映画化されるのではとの予測も持ち上がっている。それどころか本作に関しては、壮大なスケールによる“スター・ウォーズ化”すら噂されているというのだ。テレビ誌ライターが続ける。

「映画化は順当な予想ですが、その映画が1本では終わらないかもしれないというのです。というのも本作では今回の交換殺人劇が発生する前にも、マンション内で殺人劇が発生していたことを示唆する場面がいくつも提示されているから。それゆえ映画化では交換殺人の解決に加えて、本ドラマ以前の殺人劇という前日譚を描くかもしれません。それは映画『スター・ウォーズ』の劇場第一作~三作目が全9作に及ぶ壮大なドラマの中盤だったように、本ドラマも『あなたの番ですシリーズ』のなかでは中盤に当たる物語なのかもしれません」

その“前日譚”では、本ドラマの主人公である田中圭ではなく、以前からこのマンションに住んでいる別の人物が主人公になる可能性が高い。それはドラマ第1話で殺されてしまった管理人役の竹中直人なのか、それともチンピラ役の田中要次なのか。ともあれ「あな番」のファンにとっては、見るべき作品が次々と増えることになりそうだ。

(白根麻子)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ