日本海側を中心にスーパー熱帯夜

日直予報士

2019/8/15 06:13

14日に新潟県上越市で令和初の40度台を観測しましたが、夜になっても気温はあまり下がりませんでした。日本海側を中心に最低気温が30度を下回らず、非常に寝苦しい夜となりました。

●スーパー熱帯夜

きのう(14日)、新潟県上越市では令和初となる40.3度を記録しましたが、夜になっても日本海側では山越えとなる南風が入り続けたため、気温があまり下がりませんでした。午前6時までの最低気温は、福井県坂井市春江の31.7度を筆頭に、京都府舞鶴市が31.6度、福井市が31.4度、鳥取市が31.1度などとなっています。また、きのう40.3度を記録した上越市も30.3度など、日本海側を中心に全国15地点のアメダスで30度を下回りませんでした。非常に寝苦しい夜となりました。

●酷暑続く

朝から気温が高いところに、きょうも山越えの南風が入る日本海側では高温が予想されています。また、台風10号の北上に伴って、西日本や東日本の太平洋側にも暖かな南風が流れ込むため、雨が降るすっきりしない天気でも、予想最高気温は30度以上の所が多くなっています。気象庁は、東北地方や北陸地方、沖縄地方に高温注意情報を発表し、熱中症への注意を呼びかけています。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ