『仮面ライダージオウ』ウォズ役・渡邊圭祐が仙台凱旋イベントに喜び「癒やしを求めつつ、少しでも多くの時間を皆さんと共有できたら」

SPICE

2019/8/14 23:20


俳優・渡邊圭祐が9月1日(日)に宮城県・仙台市の喜久屋書店仙台店で、1st写真集『その節は。』の発売記念 握手&ツーショット撮影会を行うことがわかった。

渡邊圭祐は、現在放送中の『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)にウォズ/仮面ライダーウォズ役で出演し、注目を集めた俳優。同番組はクライマックスを迎えており、8月25日(日)には最終話を迎える。また、劇場版である『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』も公開中だ。


渡邊が、『仮面ライダージオウ』出演のために、地元の宮城県・仙台市から上京したのは、昨年2018年6月のこと。そこからちょうど1年にあたる6月26日に、1st写真集『その節は。』を発売した。写真集は、渡邊が生まれ育った仙台を舞台に、「素、自然体、等身大」をテーマとして撮影されたもの。渡邊は、母校や働いていた古着店、かつてよく通っていたという河川敷など、思い出の場所を訪れると、自然と笑みがこぼれたという。後日、改めて写真を見た際には、「これは本当に素の顔ですね」「こんなに笑っているとは…」とコメント。写真集で、渡邊は浴衣姿で布団に飛び込んだかと思えば、濡れた瞳でカメラを見つめて色気を漂わせたり、また夕景の松島湾を背景にした撮影ではクールでスタイリッシュな横顔を披露。決して単純ではない“渡邊圭祐”の奥深い魅力を感じさせる1冊に仕上がっているという。そのほか、渡邊が自らの歩みを振り返るロングインタビューのほか、『仮面ライダージオウ』の共演者など関係者の数々の証言からも“渡邊圭祐”の素を掘り下げているとのこと。

6月には、都内で開催された写真集発売記念イベントを開催し、握手や2ショット撮影でファンと交流。それから約2ヶ月後の9月1日に、地元・仙台で行われる凱旋イベントについて、渡邊は「発売から少し時間が空いてしまいましたが、地元であり、この写真集を撮影した仙台で、こういった形のイベントを開催できることをうれしく思います」などとコメントしている。

なお、仙台でのイベントでは、都内でのイベント同様、写真集2冊券を購入すると握手の他に、カメラやスマートフォンで渡邊と2ショット撮影できるチャンスもあるそう。都内イベントでも好評だった“黒ウォズポーズ”“白ウォズポーズ”から、どちらか好きなポーズを1種類選んで撮ることが可能だ。

渡邊のコメント全文は以下のとおり。

渡邊圭祐


このたび、仙台でイベントを開催する運びになりました! 発売から少し時間が空いてしまいましたが、地元であり、この写真集を撮影した仙台で、こういった形のイベントを開催できることをうれしく思います。久しぶりの仙台で癒やしを求めつつ、少しでも多くの時間を皆さんと共有できたらなと。楽しく過ごしましょう! 緩く迎えていただけると幸いです。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ