TVアニメ『歌舞伎町シャーロック』第3弾PV&本編あらすじ公開

クランクイン!

2019/8/14 19:35

 新宿區イーストサイド、歌舞伎町を舞台に、落語をこよなく愛する天才探偵シャーロック・ホームズを中心に、ワトソンやモリアーティが事件を解決する、10月スタートのアニメ『歌舞伎町シャーロック』(MBS、TBS/毎週金曜25時55分、BS‐TBS/毎週土曜25時)より、第3弾となるPVが解禁。あわせて第1話のあらすじや場面写真も公開された。

【写真】TVアニメ『歌舞伎町シャーロック』第1話場面写真

本作は10月よりMBSほか“アニメイズム”枠で放送開始されるオリジナルTVアニメ。Production I.Gが制作し、シリーズ構成を岸本卓が担当。吉村愛がメガホンをとる。CVは、主人公シャーロック・ホームズ役を小西克幸が、ワトソン役を中村悠一が、モリアーティ役を山下誠一郎が、そして探偵長屋の家主・ハドソン夫人を諏訪部順一が務める。

公開された第3弾PVは、連続殺人犯の通称“切り裂きジャック”によるものと思われる事件が発生し、それとは別に、不可解な出来事に巻き込まれたワトソンがシャーロックを訪ねるところから始まる。そこからは主要キャストたちがつぎつぎに登場。そして、エッジの効いたサウンドが印象的な番組エンディングテーマ、ロザリーナの「百億光年」が流れるPV後半では、それぞれのキャストのシリアスな表情やミステリーを感じさせるシーンが展開され、どのようなストーリーになるのか気になる映像となった。

第1話では、新宿區歌舞伎町のBAR『パイプキャット』に、ジョン・H・ワトソンという医者が訪ねてくる。シャーロック・ホームズが腕の良い探偵だと聞いて依頼に来たのだった。その時『パイプキャット』には、他にも探偵が集まっていて、レストレイド警部が警察からの依頼の説明を始める。連続殺人犯・通称「切り裂きジャック」によるものと思われる事件が発生し、その犯人を捕まえた探偵は報酬1000万円が得られると言う。報酬は早い者勝ちということで、探偵達の犯人探しレースがスタートする。

公開された場面写真には、個性的な主人公・シャーロックやワトソン、探偵長屋の一員の京極冬人、家主のハドソン夫人など、個性溢れるキャラクターが映し出されている。

TVアニメ『歌舞伎町シャーロック』は、10月11日よりMBS、TBSにて毎週金曜25時55分、10月12日よりBS‐TBSにて毎週土曜25時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ