【煮物に合う献立】定番料理に合う人気のおかず・副菜・汁物レシピ特集

folk

2019/8/14 21:30

煮物に合う献立をご紹介♪


醤油や酒などの基本の調味料で作る煮物は、和食の定番献立として食卓に並ぶことも多いですよね。

しかし、そんな煮物に合わせる副菜や献立に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

この記事では煮物の付け合わせにおすすめの献立を、おかずや副菜、また汁物別にご紹介していきます。

毎回煮物の献立が同じような物ばかりになってしまうという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

煮物のレシピ

黒豆とかぼちゃの煮物


黒豆とかぼちゃの煮物

instagram.com

黒豆を使った煮物レシピ、黒豆とかぼちゃの煮物です。おせちを食べた後、黒豆が残ってしまうことがありますよね。そこで、黒豆の甘さが優しい、絶品の煮物献立にアレンジするのもおすすめ。

黒豆が甘さを引き立てるので、普段のかぼちゃの煮物より甘さ控えめで味付けしましょう。

どこか懐かしい気持ちにさせてくれるメニュー、ホクホクとしたかぼちゃをぜひ味わってくださいね。

和食の定番メニューのひじき煮


和食の定番メニューのひじき煮

instagram.com

和食の定番献立、ひじき煮です。ひじきには豊富な食物繊維とカルシウムが含まれており、日頃からぜひ摂取しておきたい食材の一つです。

そこで、野菜も一緒に食べられるひじき煮は、和食に合う付け合わせというだけでなく、栄養満点の万能副菜でもあります。

またお弁当のおかずや、作り置きおかずにもおすすめのメニューですよ。和食の定番献立の一つなので、ぜひレシピをマスターしておきましょう。

筑前煮


筑前煮

https://cookien.com/

酒・みりん・醤油・砂糖の基本の調味料で作る筑前煮は、ぜひ作り方を覚えておきたい献立の一つ。鶏肉と根菜などの野菜が柔らかく、優しい味わいに仕上がりますよ。

彩りも良いでの、食卓やお弁当もパッと華やかにしてくれるメニューですね。筑前煮は煮物ですが、煮込む前に具材を炒めることで食感と味のしみ込みが良くなります。焦げない程度に炒めましょう。

大根としらたきの煮物


大根としらたきの煮物

https://cookien.com/

出汁がしっかりしみ込んだ大根が美味しい、煮物レシピです。しらたきを加えることで、ツルッとした食感も楽しむことができます。

常備菜としてもおすすめの献立です。

また、大根は電子レンジで加熱してから煮込むと味がしみ込みやすくなりますよ。大根を電子レンジで加熱する際には、大根同士が重ならないような大きめの耐熱皿を使いましょう。

カレイの煮物


カレイの煮物

instagram(@slow.life.works)

魚の煮物は、優しい味わいで何だかホッとさせてくれる献立ですね。また魚によっては味噌で煮込むなど、アレンジの幅も広いです。

そのため、和食の献立をマスターするためにも、魚の煮物のレパートリーも増やしておきましょう。

カレイの煮物は、身がふっくらとして柔らかく、生姜の香りがアクセントとなります。

生姜と基本の調味料でじっくりと煮込むだけのお手軽メニューなので、ぜひ挑戦してみてください。

煮物に合う献立≪おかず≫

かつおたたきと新玉ねぎの香味ねぎポン


かつおたたきと新玉ねぎの香味ねぎポン

instagram.com

市販のかつおたたきのサクを使ったアレンジレシピ。ポン酢のさっぱり感が食欲をそそる、和食に合わせたい献立です。

煮物を作っている間にサッと仕上げられるメニューですよ。

にんにくチップやかつおのたたきを焼くときは、焦がさないように注意しましょう。

かつおのたたきは、煮物に合わせるだけでなく、夏場など食欲のない日のおかずにもおすすめの献立です。

和食に合わせやすいおかず焼き魚


和食に合わせやすいおかず焼き魚

instagram(@slow.life.works)

焼き魚は煮物だけでなく、どんな和食の副菜にも合わせやすい献立ですね。魚焼きグリルを使えば手軽に料理できるのも嬉しいポイントです。

焼き魚は中火で一気に焼くと外はパリッと、身はふっくらと柔らかく仕上がります。

弱火でじっくり焼き過ぎると身がパサつく原因になりますので、注意しましょう。シンプルに塩で焼き、お好みで大根おろしを添えてお召し上がりください。

豚肉と大葉のくるくる巻き


豚肉と大葉のくるくる巻き

https://cookien.com/

見た目にも可愛いおかず、豚肉と大葉のくるくる巻きです。塩・こしょうだけで味付けしていますが、大葉がアクセントになって絶品ですよ。

煮物だけでなく、お弁当のおかずやおつまみにも合う献立。

お弁当に入れる場合、竹串ではなく爪楊枝で作りましょう。お好みで柚子胡椒や梅ペーストつけても美味しくいただけますよ。

ピリ辛蒸し鶏


ピリ辛蒸し鶏

https://cookien.com/

ラー油が決め手のピリ辛蒸し鶏。トロットしたタレが柔らかな蒸し鶏に良く合う献立です。

煮物などの和食にも合わせやすく、子どもにも大人にも人気のレシピ。

また鶏肉は調理する前に一晩塩麹に漬けておくことで、とても柔らかくなり口当たりも滑らかになります。ちょっとしたひと手間ですが、ぜひ試してみてください。

鮭ときのこのバター醤油包み焼き


鮭ときのこのバター醤油包み焼き

https://cookien.com/

具材を包んでオーブンで焼くだけのお手軽献立、鮭ときのこのバター醤油包み焼き。作り方は簡単ですが、ちょっと豪華なおかずに見えるのも嬉しいポイントですね。

ふわふわの鮭とシャキッとしたきのこの食感が最高のレシピです。煮物と一緒に、ご飯がたくさん食べられるおかずですよ。また加えるきのこはお好みでアレンジし、オーブンで焼く際は、クッキングシートが焼けないよう気を付けてください。

煮物に合う献立≪副菜≫

小松菜としめじの胡麻和え


小松菜としめじの胡麻和え

instagram.com

野菜をたっぷり食べられる献立、小松菜としめじの胡麻和えです。野菜を茹でて胡麻ダレと和えるだけのお手軽レシピ。

胡麻ダレと和える際は、野菜の水気をしっかり切っておき、また野菜を茹でる際は、火の通りが均一になるよう野菜によってお湯に投入する時間をずらしましょう。

そして煮物の副菜にもなる野菜の胡麻和えは、お弁当のおかずにもおすすめの献立です。常備菜にもなるので、時間がある時にサッと作っておくといいですね。

厚焼き玉子


厚焼き玉子

instagram.com

ふんわりと焼いた厚焼き玉子は、お弁当のおかずだけでなく、煮物の副菜や付け合わせとしてもおすすめの献立。

また朝御飯で食べるイメージが強いですが、料理のメインによっては、晩御飯にも合わせやすいレシピです。

また中にネギやほぐし鮭などを加えて色鮮やかに仕上げるのもいいですね。

もう一品欲しいという時の救世主となる厚焼き玉子は、ぜひ作り方をマスターしてきれいに焼けるようになりましょう。

きゅうりとたこの酢の物


きゅうりとたこの酢の物

instagram.com

こちらも和食に合わせたい献立、きゅうりとたこの酢の物。さっぱりしているので食欲のない日などにぜひ食べたくなりますね。

箸休めにもなるので、煮物の副菜にもおすすめ。きゅうりは塩揉みし、水気をしっかりと切っておきましょう。

たこを生から調理する場合、棒で叩くか大根と一緒に煮ると、たこだけで茹でるよりも柔らかくなって食べやすくなりますよ。ぜひ試してみてください。

付け合わせにおすすめ!にんじんしりしり


付け合わせにおすすめ!にんじんしりしり

https://cookien.com/

沖縄の郷土料理であるにんじんしりしり。手軽に作れるのに、箸が止まらなくなる美味しさです。

メインが煮物などの和食料理の副菜や付け合わせ、お弁当のおかずにおすすめの献立ですよ。

にんじんは包丁またはスライサーで出来るだけ細くみじん切りにすることで、食感も良く出汁の風味がよくしみ込みます。一度にたくさん作れるので、常備菜としてもおすすめの献立です。

やみつきキャベツのツナ和え


やみつきキャベツのツナ和え

https://cookien.com/

こちらも箸が止まらなくなるほど美味しい、副菜メニューのキャベツのツナ和えです。煮物だけでなく、どんなメイン料理にも合わせることができる献立ですよ。ツナ缶に合わせたごま油の香りが食欲をそそります。

キャベツを茹でてツナと合わせるだけなので、煮物を煮込んでいる間にサッと作れるのも嬉しいですね。味をよくしみ込ませるためにも、キャベツの水気はしっかり切るようにしましょう。

煮物に合う献立≪汁物≫

塩こうじ入り豚汁


塩こうじ入り豚汁

instagram.com

和食の定番献立である豚汁は、煮物にもぜひ合わせたいメニューですね。大根やきのこ類、またお好みで根菜などもたっぷり加え、栄養満点の料理に仕上げましょう。

豚肉や油揚げ、きのこなどはキッチンバサミでサッと切るだけで作れるので、お手軽レシピなのも嬉しいポイントです。

また塩麹を加えることで、味に深みが増しますよ。最後にお好みでごま油や七味を散らしてお召し上がりください。

お味噌汁


お味噌汁

instagram(@slow.life.works)

日本人が食べたら一番ホッとするメニュー、お味噌汁。メインが煮物などの和食料理にはぜひ合わせたい献立。

またお味噌汁が朝御飯や晩御飯の定番献立となっているご家庭も多いのではないでしょうか。

お味噌汁は血圧低下やがん予防などが期待できるので、ぜひ毎日の食事に取り入れたいですね。

お味噌汁は手軽に作れる分、作り方一つで絶品献立にもなります。お出汁の取り方や加える味噌の配分など、ぜひマスターしておきましょう。

はまぐりのお吸い物


はまぐりのお吸い物

instagram.com

こちらも和食には欠かせない献立、はまぐりのお吸い物です。煮物にも合うメニューですよ。

お吸い物と聞くと、煮物と同様作るのが難しいのではと思われがちですが、コツさえ掴めば手軽に作れるようになります。

お吸い物の基本は、出し汁に少量の醤油と塩を加えるだけ。あとはお好みの具材を加えたら完成です。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

普段の料理に合わせるだけでなく、お正月にも大活躍するレシピの一つです。

お手軽メニューの中華風コーンスープ


お手軽メニューの中華風コーンスープ

https://cookien.com/

優しい味わいの中華風コーンスープは、煮物にも合わせたくなる献立です。市販のコーンスープの素を使って作るので、手軽に仕上げることができますよ。加える中華スープの素は、塩加減によってお好みで調整してください。

スープは煮物を煮込んでいる間にサッと準備しておき、盛り付ける前に卵を溶き入れましょう。ふわふわの美味しいコーンスープを楽しむことができますよ。

餃子の皮スープ


餃子の皮スープ

instagram.com

こちらも中華風の献立、餃子の皮スープ。和食の定番献立、煮物とも合わせやすいレシピです。

野菜や魚介類をたっぷり加えて、メインにも負けないおかずスープに仕上げましょう。

つるんとした食感がたまらない餃子の皮は、他の具材を煮てから加えてください。

また、最後にお好みでお酢やラー油などを垂らすとさらに味に深みが出ますよ。

煮物に合う献立≪ご飯物≫

豆ご飯


豆ご飯

instagram(@s.k.m.f)

ちょっと塩気が効いた豆ご飯は、子供にも大人にも人気の献立。炊飯器で炊くだけで美味しく仕上がるのも嬉しいですね。

炊飯前に加える塩加減は、お好みで調整してください。

豆ご飯はそのままでも十分美味しいメニューですが、おかずのメインが煮物などの味がしっかり付いた料理にもよく合いますよ。

おにぎりにしても喜ばれる、絶品献立です。

お手軽レシピのおにぎり


お手軽レシピのおにぎり

instagram.com

おにぎりはサッと作れるだけでなく、具材のアレンジもしやすい便利な献立ですよね。朝御飯にも晩御飯にもおすすめの定番料理です。

お好みで鮭や梅干し、たらこなどを加えましょう。ご飯が温かいうちに、優しく握るのがふっくらと仕上げるコツです。

またおにぎりは煮物にも合わせやすく、さらに煮物と一緒にお弁当に入れても喜ばれる献立です。夜食やお酒の〆のメニューにもぜひ作ってみてください。

ちらし寿司


ちらし寿司

instagram.com

見た目にも華やかなちらし寿司は、煮物と合わせて食卓に並べるのもおすすめの献立。

煮物などの和食料理と合うので、食卓を明るくしたい時にぜひ作りたいメニューですね。また酢飯のさっぱり感が食欲をそそります。

またちらし寿司は寿司ケーキにアレンジすると、お祝いの席で大変喜ばれます。お好みの具材で作り、様々な種類のちらし寿司を楽しんでくださいね。

炊き込みご飯


炊き込みご飯

instagram(@acoknack)

こちらも炊飯器で炊くだけのお手軽レシピ、炊き込みご飯です。和食の煮物にぜひ合わせたい献立ですよね。

炊き込みご飯はアレンジの幅が広いメニューなので、楽しみ方も無限大。牛肉とごぼう、きのこと鮭などお好みの具材を混ぜて料理しましょう。

余った炊き込みご飯は冷凍保存も可能なので、ラップなどで包んで冷凍しておけばいつでも美味しい炊き込みご飯が食べられますね。

海鮮丼


海鮮丼

instagram(@kanadianz)

市販のお刺身を使い、自宅で簡単に豪華料理の海鮮丼を楽しんでみませんか。見た目にも華やかで、食卓がパッと明るくなりますね。

具材はお好みで、わさびや刻み海苔、炒りごまなどを散らしてお召し上がりください。

また海鮮丼のお共に、煮物は良く合います。副菜献立の一つとして、小鉢に入れて添えるのもおすすめです。

煮物に合う献立まとめ


煮物に合う献立をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

手軽に作れる副菜から、がっつり系おかず、そして和食に囚われない汁物レシピなどを多数ご紹介しました。

どれも煮物に合わせやすい献立なので、ぜひ試してみてくださいね。

また、煮物などの定番和食料理のレシピはマスターしておきたいところ。基本のレシピを覚えつつ、自分の味に仕上げていきましょう。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ