会話している時の「脈アリ」サイン8選

カナウ

2019/8/14 21:30


会話している時の「脈アリ」サイン8選

今回は、会話している時に発せられがちな「脈アリ」サインを8つご紹介します。

会話している時の「脈アリ」サイン1 距離が近い


好きな人とは近づきたいと無意識に思ってしまうもの。距離が近い、相手から近づいてくる、わざわざ近くの椅子に座る、などは、「脈アリ」サインの可能性があります。

会話している時の「脈アリ」サイン2 スキンシップを積極的にしてくる


嫌いな人に触りたいと思う人はいません。からかうように小突いてきたり、笑いながら肩に触れてきたりするのは、「脈アリ」サインかもしれません。

会話している時の「脈アリ」サイン3 質問が多い


好きな人については色々知りたいと思うのが人情です。たくさん質問してくるということは、それだけあなたに興味がある、ということなのです。

会話している時の「脈アリ」サイン4 恋愛関係(好きなタイプなど)の質問をしてくる


恋愛関係についての質問が多い場合、理由はふたつ考えられます。
ひとつは単に恋愛トークが好きだという場合、もうひとつは、あなたの恋愛に興味があるという場合です。
恋人はいるのか、好きなタイプはどういった人か、元恋人とはどうして別れたのか、などの質問を積極的にしてくる場合、あなたを恋愛対象として見ている可能性があります。

会話している時の「脈アリ」サイン5 目がよく合う


好きな人の顔はまじまじと見たくなる、という人は多いでしょう。
目をまっすぐ見つめてきて、よく目が合う、というのは、「脈アリ」サインの一種です。

会話している時の「脈アリ」サイン6 よく笑ってくれる・笑顔を見せてくれる


相手が自分の話を楽しそうに聞いて、笑顔を見せてくれるのは、あなたの話が面白いから、というわけではなく、相手があなたに好意を持っているからだ、という場合があります。
同じ話でも、嫌いな人から聞いたら「くだらない」と感じ、好きな人から聞いたら「最高に面白い」と感じることはよくあることなのです。

会話している時の「脈アリ」サイン7 褒める


「美人だよね」「すごくモテると思う」という直接的な褒め言葉だけではなく、「〇〇ちゃんと一緒にいるとすごく楽しい」「変わってるよね。他の子とは全然違う感じがする」「人に合わせないよね。わがままだよね(そこがいいんだけど)」といった変化球の褒め言葉まで、褒め言葉は多種多様にあります。

相手が、比較的頻繁にあなたを褒めてくるなら、相手はあなたのことをすごく魅力的だと思っていて、一緒にいるときに気分よく過ごしてほしい、と考えている可能性が高いのです。

会話している時の「脈アリ」サイン8 具体的なお誘い


「今度〇〇一緒に観に行かない?」「イタリアンの美味しいレストランがあるんだけど、一緒にどう?」など、ふたりきりのデートの具体的なお誘いをしてくる場合、(かつ、ビジネス目的でない限り、)彼はあなたに確実に好意があります。「ふたりきりのデートのお誘い」は「小さな告白」とも言えるような行為なのです。

自分からも「脈アリ」サインを出そう!


あなたが「彼は私に脈アリ? それとも脈ナシ?」と不安がっているのと同様に、彼もあなたに脈があるのか判断できていない可能性があります。

彼のことが好きならば、「脈アリ」サインは分かりやすくはっきりと出していきましょう。

今来 今/ライター

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ