加藤浩次「スッキリ」降板に現実味! 事務所に逆らった芸人の末路…

まいじつ

2019/8/14 19:00

加藤浩次 
(C)まいじつ 

吉本興業の騒動がいまだに収まらない。今のところ、一時囁かれた〝大量退所〟などには発展していないが、加藤浩次を筆頭に不満を持つものは多い。一方で、経営陣たちが、自身を批判した芸人たちに対して、制裁を加えるという報道が上がっている。

闇営業騒動から派生した、岡本昭彦社長のパワハラ疑惑。加藤は自身のMC番組『スッキリ』(日本テレビ系)でこれを痛烈に批判し、岡本社長と大崎洋会長が辞職しなければ、自分が事務所を辞めるとまで宣言していた。

その後一転、加藤は話し合いの末に事務所残留の道を選んだのだが、ラジオ番組では、「現状の仕事は吉本というエージェントを通してやる。他の仕事は他のエージェントを通してやる」「〝残留〟というと、今まで通りみたいだが、そうじゃない」と、吉本興業と溝が深まったことをニオわせている。

しかし、こうした加藤の態度に、吉本が反撃に出るという。

坂上忍、加藤浩次が干される危険性を指摘


「経営陣は、加藤の態度に怒り心頭です。見せしめのためにも、このまま好き勝手させるわけにはいかないでしょう。現状では、加藤の『スッキリ』降板という報道も一部で上がり始めました。確かに、『スッキリ』MCという大仕事は吉本が取ってきたものなので、事務所に従わない加藤にやらせてあげるというのは、虫が良過ぎるとも言えます」(芸能記者)

坂上忍も、今後、加藤が事務所から干される可能性を示唆。加藤が推奨するエージェント契約に対して、「自分が社長だったら、エージェント契約とマネジメント契約のタレント、どちらを大事にする? エージェント契約だとおそらく、事務所に入ってくる額が少なくなるから…」と、エージェント契約を選んだ芸人が、事務所から干されるというデメリットを指摘している。

「加藤の言い方だと、『スッキリ』の仕事は今まで通りの契約を継続するでしょうが、今後の仕事はエージェント契約に。しかし『スッキリ』の仕事は、〝朝の顔〟という爽やかなイメージを加藤につけて、その他の仕事につなげる窓口的な役割を果たしているのに、その派生した仕事を加藤がエージェントを通して勝手にするのは、吉本としては腑に落ちない。こういった背景からも、降板は時間の問題になるでしょうね」(同・記者)

エージェント契約を推奨する加藤をつぶすことが、吉本という会社を守ることになるのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ