片思いを終わらせる! 告白が成功する「台詞」と「タイミング」

カナウ

2019/8/14 16:30


片思いを終わらせる! 告白が成功する「台詞」と「タイミング」

「告白を成功して片思いを終わらせる!」そう決意したものの、いったいどんなタイミングで、どんな台詞で告白したらいいのか悩みますよね。

彼のことをどれだけ強く思っていたとしても、あなたの気持ちがちゃんと彼に伝わらなければ意味がありません。あなたの気持ちを彼にわかってもらうためには、告白のタイミングと告白の台詞はとても重要です。

そこで今回は、「片思いを終わらせる! 告白が成功する『台詞』と『タイミング』」をご紹介したいと思います。

1.彼が「恋愛をしたい時期」に告白する



告白を成功させるためには、彼が「恋愛をしたい」と積極的になっている時期に告白をするのが一番です。

たとえば、仕事に没頭したいとき・男友達と遊んでいたいとき・彼女と別れたばかりのときなど、彼が「恋愛に消極的な時期」に告白してしまっては、告白が成功する確率は低くなってしまいます。

片思いの彼に告白するときは、彼が今「恋愛をしたい時期」かどうかを必ずリサーチしてくださいね。

2.仕事から解放されたとき



告白が成功するベストなタイミングは、「仕事から解放されたとき」の告白です。仕事終わりにお酒が入ったときは緊張がほぐれてリラックスしている状態なので、あなた自身も告白しやすいですし、彼もあなたの気持ちを受け止めやすく、また自分の本音を言いやすいもの。

「夢心地」とまではいきませんが、ほどよくリラックスしているときに受ける告白は彼の心に心地よく届き、告白を成功させるタイミングとしてはベストです。

ただし、二人が酔っ払ってしまってからの告白はNGなので、食事開始1時間後くらいがベストタイミング!

3.別れ際



会社からの帰り道・飲み会の帰り道・デートの帰り道など、彼と別れるときに告白するのもおすすめです。

別れ際の告白は相手にも印象深く残りますし、自然と彼に「返事を考える時間」をつくりだすこともできるので、告白するには最高のタイミングです。

勇気がでずになかなか告白できないという女性にとっても、別れ際の一瞬であれば告白の決意ができるはず。

4.告白は短く! わかりやすく!



告白が成功するための台詞のポイントは「短く・わかりやすく」です。場所やタイミングはどうあれ、告白の台詞は「好きです」・「付き合ってください」がベスト!

彼の好きなところなど彼にたくさん伝えたいことはあると思いますが、それは彼から聞かれた場合に答えても遅くはありません。まずはあなたの気持ちをしっかり伝えることが重要です。

男性はまわりくどい言い回しをイヤがりますし、ダラダラと話しをされることもイヤがるので、要点だけをわかりやすく伝えてください。

女性からの「好きです」という一言は、彼の心をグッと掴むこと間違いなし。余計なことは言わず、スパっと潔い告白で攻めましょう!

まとめ



いかがでしたか? 片思いを終わらせたいからといって、勢いに任せて自分の気持ちをストレートにぶつけるのではなく、大人の女性として、できる限りベストなタイミングとベストな台詞を選び抜いてくださいね。

あなたが彼に告白したいと思う気持ちは大切ですが、告白をされる立場にある彼のことを考えて告白のタイミングや台詞を選ぶことは、彼への思いやりにもなります。

「彼のことを心から愛している」というあなたの思いが彼に届き、あなたの片思いが終わることを、心から祈っています。

(ライター/遠矢 晶子)

Photoby.Nine Köpfer

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ