『TWO WEEKS』三浦春馬を追い詰める黒幕は誰? SNSで推理合戦に(ネタバレあり)

クランクイン!

2019/8/14 12:03

 三浦春馬が主演を務めるドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が13日に放送され、三浦演じる結城大地を追い詰める黒幕は一体誰なんだ!? とSNS上で推理合戦が繰り広げられている。(※以下、ネタバレがあります。ご了承の上、お読みください)

【写真】三浦春馬が因縁の相手・村上淳と再会『TWO WEEKS』第5話を振り返る

逃亡中、刑事に追い詰められた結城(三浦)は海に飛び込む。運よく、港に打ち上げられ命拾いした結城は、室岡(村上淳)親子に助けられる。室岡は、9年前に柴崎(高嶋政伸)と手を切ろうとしたところを結城が逃がした男であり、そのことがきっかけで結城は服役することになった。

室岡はその時のことを回想し「柴崎に強力な後ろ盾ができて悪事がエスカレートしていた」と語る。この「後ろ盾」というのが誰のことを指すのかが気になるところ。一方、検事の月島楓(芳根京子)は結城が逃げながら冤罪(えんざい)を晴らそうとしているのではないかと考え始める。

そんな中、室岡宅に身を潜めていたものの、またもや刑事に追い詰められた結城は、再び逃亡しようと試みるが、なぜか柴崎にその居場所がバレていて、とうとう2人の直接対決に…!

この状況にSNS上では、室岡の話す「後ろ盾」や、柴崎に結城の居場所を教えた「黒幕」は一体だれなのか? という点で投稿が相次いだ。

「黒幕は黒木瞳さんだと思うんだけどどうなんだろ」など、いつも楓を励ます国会議員の久我早穂子(黒木)が怪しい、という説が多く見られた。また、楓の上司である岩崎支部長(神尾佑)や結城の娘であるはな(稲垣来泉)の担当医である小池夏美(原沙知絵)も意味深な表情のシーンを浮かべるシーンがあり、「検事の上司と柴崎って繋がってるの?!」「担当医も怪しいわー」と混乱状態。

更には「近藤公園さんも…考えすぎ?」など、今は完全に楓の味方であるように見える検察事務官の角田(近藤)まで怪しむ人もいて、SNS上は盛り上がりを見せている。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ