乃木坂46賀喜遥香、ラジオ生放送パーソナリティ初挑戦 コンプレックスを武器に

モデルプレス

2019/8/14 13:53

【モデルプレス=2019/08/14】乃木坂46の4期生・賀喜遥香が、特別番組「オテンキのりと乃木坂46賀喜遥香のもうすぐレコメン!今日だけ特別生放送」(文化放送/28日よる20:00~)のパーソナリティを務めることがわかった。

◆“イケボ”賀喜遥香、4期生を代表してパーソナリティに抜擢



同特番は、オテンキのりによる夜ワイド「レコメン!」(月~木曜よる22:00~)のスピンオフ版。昨年12月に日本武道館で行われた「乃木坂46 4期生お見立て会」で華々しくデビューした今注目の乃木坂46 4期生をフィーチャーして放送する。

今回賀喜は、4期生を代表して抜擢。9月4日に発売される24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で、初選抜入りを果たした4期生メンバーの1人である賀喜は、声がかっこいいというキャラクターから“イケボ”とも呼ばれている。

◆賀喜遥香、“イケボ”を武器に生放送へ挑む



賀喜は「文化放送では『乃木坂46の「の」』に1回出演したことがあるだけで、パーソナリティーとして生放送に出演することも経験したことがないから、初めてのことだらけで不安なんですが、のりさんに助けていただきながら精一杯頑張りたいです」と意気込みを語る。

また、「乃木坂46で、堀未央奈さんなどがSNSで『今からオンエアだよ』と書いていて、私もやってみたい気持ちはありました」と憧れを語る。「最近、堀さんとよくお仕事で一緒になるので、何かアドバイスいただきたいなと思います」と、メンバーの堀へ呼びかける一幕も。

自身の“イケボ”に関しては、「乃木坂46に入る前は声が低いことがコンプレックスだったので、4期生の皆から『イケボ』と言われて嬉しいですし、それを生かしてお仕事ができることが嬉しいです」と、コンプレックスを乗り越え、仕事に繋げたことへの喜びをあらわにし、「当日は調子を整えて臨みます!」と張り切った。

これに対しオテンキのりも、「緊張せずにやっていただきたいです。なんて言って僕が緊張しちゃったりして(笑)。そしたら賀喜さん、助けてください!」と笑いを交えてエールを送った。

番組では、フリートークやお便り紹介などラジオならではの企画に加えて、他の4期生メンバーから届いた「4期生クイズ」(本人コメント出演)にオテンキのりが挑戦するなど、彼女たちのことをもっとよく知ってもらうための企画を実施する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ