【高級】シンガポールの富士そばでいただいた「鉄鍋スパイシー海鮮あんかけ蕎麦」なるものとは…?



最近シンガポールへ引っ越した友人によれば「こっちには高級な富士そばがあるよ」とのこと。日本で富士そばは言わずと知れた庶民の味方である。「世界一生活コストが高い国」たるシンガポールで、庶民の味方が勝負に出たというのだろうか……?

実際にシンガポールを訪れてみると何をするにも本当にお金がかかる。有名な『マリーナベイ・サンズ』のプールに入ろうとすれば5万円と言われ「やめます」と即答する有様だ。貧乏旅行のちょっとした贅沢に富士そばへ行ってきた……ってのも何だか不思議な話だよね!

・明らかに高級な富士そば
店内は和が基調の広々としたつくりで、日本の富士そばとは似ても似つかぬハイソな空気感。外国の日本食店で「イラッシャイマセ」程度の日本語なら今や普通だが、ここでは「オネガイシマース」「オキャクサマオカエリデース」など従業員同士の会話にも日本語が使われている。意識高いなぁ。

店の正式名称は『名代 富士そば NI–HACHI(二八)』とのことで、通常の富士そばとは違うコンセプトなようである。ところで恥ずかしながら私は『名代』を「みょうだい」だと勘違いし続けていたことに今日気づいた。正しくは「なだい」。

メニューを見ると、一番安い『かけ蕎麦』が1杯8SGD(約610円)。日本では300円なので2倍以上の値段ということになる。しかし富士そばと思えば高いが、普通の蕎麦屋と比較すれば大差ない金額だ。

メニューに一番大きく表記されていたのが日本では見慣れない『すき焼き蕎麦』。写真を見るとそのまんま蕎麦にすき焼きが乗っかっている。外国の方にとって日本に対する「すき焼きイメージ」は根深いということの表れかもしれない。

『すき焼き蕎麦』に相当心惹かれたものの、それよりさらに気になるメニューを発見……

『鉄板スパイシー海鮮餡かけ蕎麦』……?

見た目は中華料理における『あんかけカタ焼きそば』にかなり近いが、あくまでこれは『蕎麦』である。値段は18.5SGD(約1420円)。変化球すぎるが気になって仕方ないので、オーソドックスな『もり蕎麦』とともに注文してみることに。

・メチャクチャにウマい
まず運ばれてきたのはもり蕎麦だ。蕎麦の盛られた器から高級感が漂ってくる。

率直な感想:たぶん日本よりウマい

直接食べ比べたわけではないので、あくまでも個人的に感じたままの感想である。日本を離れて1カ月が経過していたため、懐かしさによる感動も加味されているかもしれない。それにしてもこの絶妙な硬さ、そば粉の風味、だしの甘み……日本でもかなりウマい部類だと思うんだけどなぁ。

……そうするうちに餡かけ蕎麦が運ばれてきた。男性店員の右手には麺の置かれた鉄板、そして右手には熱々の湯気が立ちのぼる鍋。

彼は躊躇(ちゅうちょ)することなく鍋の餡を鉄板に……

入れたァーーー! ジュワワワーーーーーー!!

湯気モクモクモクー!!

日本の富士そばでは絶対に見られそうにないパフォーマンスだ。これだけタップリ野菜と海鮮入りなら金額も妥当に思える。

・守りながら攻める富士そば
あんかけ焼きそばと決定的に違うのは、まず餡がそばつゆ味なところ。そして餡に長時間浸していても麺の中に硬い芯が残っていたところである。調理法は違えどこれはあくまでも蕎麦……そんな蕎麦屋のこだわりと誇りが感じられるようだ。

しかし餡はそばつゆ味であると同時にピリ辛でもある。中華のそれに比べるとトロみが少なくてシャバシャバだ。初めて食べる味だがウマい。蕎麦の基本を守りながら新しきにチャレンジする……富士そばの真骨頂をここに見たり!

ちなみに1人で2人前を注文した際、店員の男性に「オーマイガー!」というリアクションをされたので不安だったが難なく平らげることができた。NI–HACHIは蕎麦の他にも様々なメニューがあるので、シンガポールを訪れた際はチャレンジしてみてほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 NI–HACHI
住所 100 Tras Street #03-14 Itadakimasu by PARCO 100AM SHOPPING MALL Singapore 079027
時間  11:00~15:00、17:30~22:00

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ