浜中文一“エロティックコメディミュージカル”は「衝撃的なワードが多すぎ」!?

dwango.jp news

2019/8/14 12:00


毎週水曜深夜25時25分~放送している「ピーコ&兵動のピーチケパーチケ」。8月14日(水)OAの「ピーチケ」では、ジャニーズ所属の俳優として様々な舞台やドラマで活躍中の浜中文一が、3年ぶりにゲストとして登場する。



ピーコ、兵動大樹、桜 稲垣早希、中山優馬、川島壮雄カンテレアナウンサーのピーチケメンバーが、注目のエンターテインメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報を痛快なスタジオトークとともに紹介している本番組。

浜中は、今年11~12月の再演が決定したミュージカル「50Shades! ~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」で、今回も主演を続投する。大ベストセラー官能小説「50シェイズ・オブ・グレイ」をパロディ化して作られたエロティックコメディミュージカルで、初演時に浜中は、“若く有能だが心から人を愛せないサディストの青年実業家”という突飛なキャラクターを初主演にして見事に演じきったことで大きな話題を呼んだ。

中山優馬にとって浜中は事務所の先輩であり、プライベートでも親交の深い“兄”的存在。そんな浜中文一の初主演舞台を観に行ったという中山からは、「衝撃的なワードが多すぎて…(笑)。文一くんの登場のところとか、『うわぁー変な人出てきた!』と思うような演出が素晴らしいんですよね(笑)」と感想が語られ大盛り上がり。作中とのギャップが大きすぎる、と普段の浜中の様子まで暴露する展開に!?

さらに、上演台本・訳詞・演出の河原雅彦については、「普段は変態なんやな(笑)」と思ったと浜中目線の印象が語られ一同大爆笑。河原は、過激なパフォーマンスを行う演劇集団「ハイレグ・ジーザス」を結成して人気を博し、解散後は舞台演出を中心に活躍。この“クレイジーな下ネタには造詣の深い”河原だからこそ実現された、エロティックコメディミュージカルという型破りな世界観に、浜中は欠かせない存在として河原と強い信頼関係を築いていることがトークから垣間見える。

再演となる2019年バージョンでは、主演の浜中文一以外全キャストが一新。浜中演じるグレイにより未知なる世界に足を踏み入れるという役どころのヒロインについて、浜中は「本当に俺、決まらんのちゃうかなと思ったんですよ」と吐露。初演を観た稲垣も「純情な役から翻弄されていくのが余計に… 最初からエロティックな役じゃないんですよ」と。そんな中「ぜひ!」とこのヒロイン役を受けた、ミュージカル初挑戦の水崎綾女からは、浜中への質問VTRが。それを見た浜中らしい第一声に、「バカみたい!(笑)」と倒れ込むピーコ!?このエロティックで馬鹿馬鹿しい世界観にすっかり飲み込まれたかのようなスタジオで、普段の「ピーチケ」とは少しテイストの違った笑いが次々と沸き起こる。

他にも、舞台「カリギュラ」主演・菅田将暉へのインタビューなど盛りだくさんの内容でお届け。

浜中文一が主演をつとめるミュージカル「50Shades! ~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」は、11月29日(金)~12月1日(日)大阪のZepp Nambaで上演。ほかにも東京と福岡でも上演が決定している。ジャニーズアイドル像から180度振り切った、この作品でしか観られない浜中の姿をぜひ劇場で!

■『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』
毎週水曜深夜25時25分~25時55分放送(カンテレ・関西ローカル)
毎週土曜早朝5時20分~5時50分で再放送

(C)カンテレ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ