草なぎ剛、「僕シリーズ」と並ぶ代表作 - 平成21年(2009)ドラマTOP3


●現実にはありえない設定の意味
2019年5月1日に新元号「令和」がはじまり、4月30日に幕を下ろした「平成」。この連載では「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志が、平成元年から31年までのドラマを1年ごとに厳選し、オススメ作品をピックアップしていく。第21回は「平成21年(2009年)」。

平成21年(2009)は、4月の改編期で大きな動きがあった。

TBSは小林麻耶をメインキャスターに据えた報道番組『THE NEWS』をスタートし、17時50分~19時50分というゴールデンタイムにまたがる大胆な放送時間が話題に。一方、日本テレビは月~金曜19時に日替わり生放送バラエティ『サプライズ』という思い切った戦略を採用した。

バラエティでは、『脳内エステIQサプリ』(フジテレビ系)、『徳光和夫の感動再会“逢いたい”』(TBS系)、『どうぶつ奇想天外!』(TBS系)、『あいのり』(フジ系)、『恋するハニカミ!』(TBS系)らの名物番組が終了。一方で、内村光良の『スクール革命』(日テレ系)、笑福亭鶴瓶の『A-Studio』(TBS系)、タモリの『ブラタモリ』(NHK)、明石家さんまの『ホンマでっか!?TV』(フジ系)と、現在も続く大物芸人のバラエティがスタートした。

その他では、6月26日にはマイケル・ジャクソンが死去し、各局で大きく報道。9月にはテレビ朝日が多くの深夜バラエティを打ち切り、ローコストの帯番組『お願い!ランキング』を手掛けて業界内外を驚かせた。

ドラマのTOP3には、荒唐無稽かつシリアスな舞台だからこそ感動の大きい作品を選んだ。

※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。
○■松ケンの魅力を詰め込んだ不運な名作

3位『銭ゲバ』(日テレ系、松山ケンイチ主演)

とにかく暗い、ゲスい、汚い。人間の愚かさを前面に出しつつ、その向こうにある、かすかな温かさを描く独特な世界観で、一部の熱狂的な支持を獲得。しかし、視聴率が1桁台に低迷しただけでなく、「内容を問題視した多くのスポンサーが提供クレジットを自粛する」などの問題が山積し、苦戦を強いられたまま終わってしまったのが悔やまれる。

主人公の風太郎(松山ケンイチ)は、決して悪人ではなく、どこかに愛や希望を求めていた。それが最も現れたのは最終回。ほしかったものを手に入れたはずの風太郎は、むしろ絶望を感じてダイナマイトで死のうとするが、そのとき「もしお金がある普通の家庭に育っていたら……」という幸せに満ちた架空の物語がはじまる。

そのコントラストに切なさを感じさせておきながら、けっきょく風太郎は死んでしまい、最後は「この世界に生きているヤツはみんな銭ゲバだ!」の捨てゼリフで終了。この後味の悪さは現在のドラマシーンではほとんど見られないものであり、だからこそ圧倒的な印象が今も残っているのだろう。

当作の立役者は、わずか2巻の原作漫画をここまで広げ、掘り下げた脚本の岡田惠和。1996年の『イグアナの娘』(テレ朝系)でも岡田は原作漫画の魅力を高めていただけに、実写化の名手と言える。その脚本に応えるべく、全身全霊で負のオーラを身にまとった松山ケンイチの熱演も忘れられない。

助演では、「もう1人の主役」と言われた木南晴夏を筆頭に、光石研、田口トモロヲ、田中圭、正名僕蔵、柄本時生ら、現在の主力バイプレーヤーが存在感を見せていた。かりゆし58の主題歌「さよなら」も含め、すべてのパーツが一体化した「不運な名作」と言えるのではないか。
○■草なぎ剛が“いい人キャラ”返上で熱演

2位『任侠ヘルパー』(フジ系、草なぎ剛主演)

「暴力団員が研修として介護施設でヘルパーとして働く」「次期幹部の座を狙う翼彦一(草なぎ剛)が介護に悪戦苦闘し、高齢者と関わることで古き良き極道の任侠を取り戻していく」という笑いと紙一重の強烈な設定ながら、相当なヒューマン作。介護の最前線を舞台に、家族の悩み、高齢者への虐待、暴力団による振り込め詐欺、介護施設の限界、若年性認知症などのシリアスなテーマをリアリティたっぷりに描き、しかも安易に答えを決めつけず、視聴者に問題を投げかけ続けていた。

草なぎがそれまでの“いい人キャラ”を返上して、鋭い目つきで口の悪い男を熱演。ただ、「最後まで自分らしくあろう」とする入居者にふれ、問題だらけの介護システムに憤りを感じて動く姿は、「やはり“いい人キャラ”だった」という見方もできる。ともあれ、草なぎにとっては、のちの『銭の戦争』『嘘の戦争』(フジ系)につながる転機となり、『僕シリーズ』(フジ系)と並ぶ代表作と言っていいだろう。

当作は暴力団と介護施設の2つが舞台だけに、ベテラン名優たちを多数ラインナップ。暴力団の若頭に松平健、敵対する暴力団組長に竜雷太、介護施設「タイヨウ」の所長に大杉漣、認知症の老婦人に池内淳子、オムツを拒否する老人に津川雅彦、介護詐欺を受ける老婦人に島かおり、彦一を捨てた母に倍賞美津子、セクハラを繰り返す困った老人にミッキー・カーチス、白内障で目が見えず訪問介護を拒否する老婦人に江波杏子が出演したことから、のちに記録的価値が高くなるのではないか。

平成が終わった今振り返ると当作は、「現実にはありえない設定だからこそ、人間の本質が浮き彫りになる」というドラマの王道であったことがわかる。「美化するな!」というクレームを恐れて暴力団を扱う作品は減ったが、各局のドラマ班には「こんな生かし方もできる」ことを頭の片隅に入れておいてもいいはずだ。主題歌は、SMAP「そっと きゅっと」。

●最大の魅力は「優しく純粋な登場人物」
○■TBSのドラマ名手3人による最高傑作

1位『JIN -仁-』(TBS系、大沢たかお主演)

現代から幕末にタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢たかお)の活躍を描いた歴史×医療のファンタジー作。医療器具や薬品がほとんどない上に、「事実を変えてしまう」という葛藤を抱えながらも、目の前で苦しむ江戸の人々を救おうとするひたむきな姿が感動を集めた。

同作最大の魅力は、仁を筆頭に優しく純粋な登場人物であり、彼らが団結して困難に立ち向かうシーン。死の伝染病・コロリ、ペニシリンの製造、江戸の町を襲った大火事、野風(中谷美紀)の乳がんなどを乗り越えていく様子は、毎回クライマックスが訪れるほどの盛り上がりを見せた。

橘咲(綾瀬はるか)、橘恭太郎(小出恵介)、佐分利祐輔(桐谷健太)、山田純庵(田口浩正)、緒方洪庵(武田鉄矢)、勝海舟(小日向文世)、浜口儀兵衛(石丸謙二郎)、福田玄孝(佐藤二朗)、新門辰五郎(中村敦夫)……魅力的な人物がそろう中で最も目立っていたのは、内野聖陽が演じた坂本龍馬。最終回のわずか2週間後に、福山雅治主演の大河ドラマ『龍馬伝』(NHK)が控えていたが、「これが坂本龍馬だ」とでも言うようなノリに乗った演技だった。

野風とそっくりの恋人・未来などの原作漫画にはないオリジナル要素を加えたのは脚本家の森下佳子。「過去が変わると現代の写真も変わる」というファンタジーを巧みに盛り込んだ平川雄一朗。そしてすべてをまとめた石丸彰彦プロデューサー。のちに『とんび』『天皇の料理番』を手掛けた名手3人のトライアングルで、それまで少なかった「親子そろって楽しめる『日曜劇場』」を実現させた。

当作以降、『信長のシェフ』(テレ朝系)、『信長協奏曲』(フジ系)、『サムライ先生』(テレ朝系)、映画『幕末高校生』など、歴史にタイムスリップを絡めた作品が続出したが、医療、恋愛、群像劇、ミステリー……当作ほど、さまざまな魅力を共存させたハイブリッドな作品は現れていない。しかも、国内外の30を超える各賞を受賞するなど、品質の高さは他作とは一線を画すものがある。

さまざまな謎が解明されぬまま終わったことに疑問の声もあがったが、まだ原作漫画が終了していなかったことを踏まえればやむなしか。事実、原作漫画が終了した翌年の2011年に第2弾の「完結編」が放送された。ただ、インパクトや感動は、第1弾のほうが上回っていた感が強い。主題歌は、MISIA「逢いたくていま」。
○■『Mr.BRAIN』『婚カツ』『ブザー・ビート』『小公女セイラ』

その他の主な作品は下記。

元ホストの脳科学者・九十九龍介が難事件を解決するミステリー『Mr.BRAIN』(TBS系、木村拓哉主演、主題歌はヴァン・ヘイレン「JUMP」)。脳科学や精神疾患の解釈があいまいな上に、「事故の影響でブスが好きになった」「脳のエネルギー源がバナナ」などの謎設定が影響したのか、全話平均視聴率20%超の割に反響が少ない作品だった。

区役所の「臨時職員募集の採用条件」が既婚者だったことから、一念発起して婚活をはじめる雨宮邦之の物語『婚カツ!』(フジ系、中居正広主演、主題歌はPUFFY「ウエディング・ベル」)。けっきょく幼なじみの春乃(上戸彩)との恋になるのだが、料理、ヨガ、ゴルフ、陶芸、猫好きなど、週替わりで登場するテーマ合コンのシーンで楽しませてくれた。

バスケ選手とバイオリニストの恋を描いた王道の月9ラブストーリー『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』(フジ系、山下智久主演、主題歌はB'z「イチブトゼンブ」)。山下と北川景子の恋より、こっそり浮気し、人目を盗んでタバコを吸う相武紗季のヒールぶりが際立っていた。伊藤英明、永井大、溝端淳平、金子ノブアキ、青木崇高ら、肉体派イケメンがズラリ。

戦国武将を先祖に持つ草食系高校生が学校問題を解決していく痛快コメディ『サムライ・ハイスクール』(日テレ系、三浦春馬主演、主題歌はmonobright「孤独の太陽」)。突然サムライに覚醒する主人公は三浦のハマリ役。マドンナ役の杏、友人役の城田優と、やたら長身の2人を従え、威風堂々たる振る舞いで女性視聴者を喜ばせた。

刑期を終えた元暴力団員と、亡き恋人の間に生まれた少女のふれあいを描いた『白い春』(フジ系、阿部寛主演、主題歌は阪井あゆみ「横顔」)。実父に大柄な阿部、育ての親にコワモテの遠藤憲一、幼く小さい大橋のぞみのトライアングルがインパクト大。当初は「阿部と遠藤の役が逆では?」と言われたが、悲劇的ながら感動の最終回へつなげた。

「世界名作劇場」のアニメも大ヒットした『小公女』をリメイク。舞台を現代日本の全寮制女子校に移した『小公女セイラ』(TBS系、志田未来主演、主題歌はUVERworld「哀しみはきっと」)。素直で健気なヒロインの志田と、厳しい仕打ちを行う院長の樋口可南子に加え、脚本・岡田惠和、演出・金子文紀、プロデュース・磯山晶と何気に豪華布陣だった。

元殺し屋が過去を清算して秘境の温泉宿で働く姿を描いた『湯けむりスナイパー』(テレ東系、遠藤憲一主演、主題歌はクレイジーケンバンド「山の音」)。遠藤の初主演作だが、人情、笑い、色気を兼ね備えた物語と、大根仁の脚本・演出でベストにあげる人も。なかでも毎回挿入された「ポロリ」は、現在では見られないため、ある意味で記念碑的な作品に。

さらに、『天地人』『つばさ』『ウェルかめ』『外事警察』(以上NHK)、『ラブシャッフル』『スマイル』『ぼくの妹』『オルトロスの犬』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『官僚たちの夏』『おひとりさま』(以上TBS系)、『ヴォイス~命なき者の声~』『メイちゃんの執事』『ありふれたキセキ』『赤い糸』『BOSS』『リアル・クローズ』『不毛地帯』(以上フジ系)、『神の雫』『キイナ~不可能犯罪捜査官~』『赤鼻のセンセイ』『華麗なるスパイ』『ギネ 産婦人科の女たち』(以上日テレ系)、『臨場』『夜光の階段』『ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~』『コールセンターの恋人』『マイガール』(以上テレ朝系)、『セレブリ3』『嬢王 Virgin』(テレ東系)などが放送された。

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ