1982年「ムッソリーニの孫」が日本で歌手デビューしていた

TABILABO

2019/8/14 10:00


相変わらず国内外で盛り上がっているシティ・ポップ周辺。その震源地のひとつが、YouTubeにアップされた竹内まりやの『Plastic Love』であることは間違いない。すでに再生数は1000万を越えている。

そして今、海外の愛好家たちの間でにわかに注目を集めているのが、アレッサンドラ・ムッソリーニの『アモーレ』だ。



じつはこのアーティスト、あのムッソリーニの孫娘にして、女優ソフィア・ローレンの姪にあたる人物なのだが、若かりし1982年に日本語で歌ったアルバムを発表しており、それがYouTubeにアップされた『アモーレ』というわけだ。

さて、楽曲自体への評価は個々にお任せするとして(日本語はなかなか上手だ)、おもしろいのがYouTubeのコメント欄。

「StillStill waiting for Hitler's grandson to drop his album from Argentina...(ヒトラーの孫がアルゼンチンからアルバムを発売するのを待っているよ…)」

出自が出自だけに、視聴者からはこんなブラックなコメントも。

なお、現在ご本人はイタリアで政治家として活躍中らしい。40年近く前に発売したアルバムが、こんなかたちで掘り出されるなんて本人も驚いているに違いない。

Top image: (C) iStock.com/teddybearpicnic

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ