【熱中症対策特集】おいしくて飲みやすく、塩分をしっかり摂れる『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター』大集合!



毎年多くの命を奪う熱中症。炎天下での不要な外出は避けるようにと国が警告を鳴らすほどの危険な症状だ。今回は各社が発売している熱中症対策飲料をピックアップ。単に水分や塩分を摂取できるだけでなく、美味しく楽しく対策ができるドリンクに注目した『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター特集』をお届けする。美味しく効果的に熱中症対策を実施できるなんてなんだかお得かも!

■そもそもなぜ熱中症は起こるのか。

熱中症とは、暑い環境下で引き起こされる健康障害の総称のこと。主に、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病などが挙げられ、失神やけいれん、中枢機能の異常など様々な症状を引き起こす。

人は汗をかいて体温調整機能を行い、身体を冷やすことで熱中症(熱失神や熱射病)から身を守っているのだが、驚異的な夏の暑さの前ではこの機能が裏目に出ることがある。汗を放出しすぎて体内の水分が不足し、熱中症(熱疲労)を引き起こしてしまうのだ。

これを防ぐために意識的に水を摂るのだが、今度は水を摂り過ぎて体内のミネラルバランス(塩分濃度)が崩れ、またもや熱中症(熱けいれん)となってしまう。

■実用的な熱中症対策は水分と塩分を適度に摂取すること

手っ取り早い対策は、家から出ずにエアコンの効いた快適な環境で適度な水分を摂りながら1日を過ごすことだが、全人類がそれを行うのは不可能。そこで活躍するのが、熱中症対策飲料というわけ。

熱中症対策飲料とは、水に対して適度な塩分が加わった商品のこと。厚生労働省が推奨している濃度は、100mlあたり食塩相当量0.1~0.2gだ。これを小まめに飲むのがポイント。1回あたりコップ1~2杯程度でOKだ。1度に大量に飲んだり体温を下げるためにキンキンに冷やして飲んだりすると別の症状を引き起こすので注意しておこう。熱中症対策のために1L程度は飲んでおきたいところ。

左から、『サントリー天然水 うめソルティ』、『熱中対策水日向夏味』、『グリーンダ・カ・ラ』、『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』、『世界のkitchenから ソルティライチ』

熱中症のことを一通りおさらいしたところで、いよいよ本題の熱中症対策飲料特集に移ろう。今回紹介するのは、次の5商品。いずれもスーパーやコンビニで手軽に購入できるものばかりだ。それでは特徴や味わいに注目しながら検証しよう。
  • サントリー食品インターナショナル『サントリー天然水 うめソルティ』
  • 赤穂化成株式会社『熱中対策水日向夏味』
  • サントリー食品インターナショナル『グリーンダ・カ・ラ』
  • コカ・コーラシステム『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』
  • キリンビバレッジ『世界のkitchenから ソルティライチ』


■サントリー食品インターナショナル『サントリー天然水 うめソルティ』

通年向け商品の多い「サントリー天然水」ブランドからこの夏発売した『サントリー天然水 うめソルティ』。熱中症対策のために梅を意識的に摂っているというユーザーの声を元に、開発された商品だ。

540mlPET・希望小売価格 税抜131円・2019年6月18日発売

いくら国が水と塩分を摂取するようにと言っても、食塩水を飲むのは味気ないし精神的につらいのが正直な感想。サントリー食品インターナショナルだけでなく、各社は様々なフレーバーを追加してより美味しく飲めるように工夫しているのだ。



原材料にはナチュラルミネラルウォーターをはじめ、梅果汁や梅エキス、食塩などの塩分が含まれている。糖類やはちみつは飲みやすくするための工夫でもあるが、実は効率よく水分を吸収させるための栄養素としても知られている。単に塩分をプラスしただけでなく、摂取後の事も考えて配合されているのだ。



鼻を近づけるとしっかりとした梅の香り。くいっと口にすると、梅の味わいをしっかりと堪能できる。梅好きの記者もこれなら納得の美味しさだ。

1本(540ml)あたりのエネルギーは約140.4kcal、糖質は約35.1g、食塩は約0.59g

最後にキュッと引き締めてくれるので水だけを飲むより後味も心地よい。

チューハイの梅などで感じられる味わいに近い

甘味のある味わいで一気に飲みやすいのも嬉しいポイント。飽きることなくグイグイ水分補給できるのであっという間に飲み干してしまいそうだ。



冷凍してもOKとのことなので、1日冷たいまま飲むこともできる。首筋を冷やすのにも使える一石二鳥の熱中症対策飲料だ。



商品サイト

■赤穂化成株式会社『熱中対策水日向夏味』

赤穂化成は兵庫県赤穂市に本社を置く食塩や飲料を扱う企業。透明な袋に赤い丸ロゴの「赤穂の天塩」や室戸海洋深層水「天海の水」が有名だ。水と食塩の2つをメインとするだけあって、熱中症対策飲料の商品も多く取り扱っている。

500mlPET・希望小売価格 税抜140円・発売中

今回ピックアップしたのは、その中でも特に美味しさを追求した『熱中対策水日向夏味』。海洋深層水に「赤穂の天塩」を加え、さらに日向夏を感じられるよう甘味や香料をプラスした商品だ(無果汁)。



他の商品との大きな違いは、その栄養素。マグネシウム70mg、カリウム100mg、ナイアシン6.5mg、クエン酸1500mg、オルニチン100mgなど、いわゆる身体に良いとされている成分が多く入っている。水分や塩分を摂りつつも、身体全体のバランスを整えてくれるというわけだ。

汗に近い配合バランスなので、失った水分や栄養素をほぼそのまま補給できるのはなんとも心強い

キャップを開けると、ミカンやグレープフルーツのような柑橘類の香りがうっすらとふわり。アクエリアスのような透明感がある。

1本あたりのエネルギーは147kcal、糖質は約36.8g、食塩相当量は0.83g

味わいの方もアクエリアスにかなり似ており、スーッと身体に馴染んでいくようなほのかな甘みと柑橘系のスッキリとした風味が感じられる。飲むというより、吸収しているという表現の方が近いのかもしれない。



アクエリアスと大きく違うのは、塩分をしっかりと感じられること。ピックアップした5商品の中でも最も食塩相当量が多く、0.83gが配合されている。100mlあたりに換算すると、0.16gとかなり多め。しょっぱいほどではないが、「あ、塩を摂取しているな」と実感するので、熱中症対策を実行していると意識できる。これは継続する上での大きなメリットだ。



とにかく飲みやすい仕上がりで、じめっとした湿度の高い日にも欲しくなる1品。スッキリと飲みたい人におすすめ。



商品サイト

■サントリー食品インターナショナル『グリーン ダ・カ・ラ』

3つ目は、みずみずしい果実感が特徴の『グリーンダ・カ・ラ』。2012年に「DA・KA・RA」の派生商品として誕生し、以降「日常生活の水分補給」をコンセプトにリニューアルが繰り返されている。

600mlPET・希望小売価格 税抜130円・発売中

その工夫の1つが使用食品の多さ。ぶどう、グレープフルーツ、レモンの3種類の果物果汁に加え、うんしゅうみかんとドライトマトのエキス、さらにシークワーサーピールがブレンドされている。いわば、ミックスジュース状態というわけ。様々な味が刺激を与えてくれるので、何度飲んでも楽しめるのだ。

人工甘味料不使用

さらに、糖の量にも工夫がされている。『グリーン ダ・カ・ラ』は、体内で水分補給ができるように糖の濃度で決まる浸透圧を設計。単に水を飲むよりも効果的に全身に行き渡るのだ。

1本あたりのエネルギーは約108kcal、糖質は約27g、食塩相当量は0.6g

香りは爽やかなシークワーサーがメイン。そのままグイッと口の中へ流し込むと、これがとても複雑な味わいを醸し出す。



はじめに感じたのは、甘味。熱中症対策飲料としては少し甘めかと思える丸さが舌を覆っていく。かと思いきや、すぐにそれは消え去り次はわずかばかりの酸味が出現し、また消える。ごくんと飲み込むと、後味にはほんの気持ち程度の苦味を余韻として感じられる。



1つ1つが主張しすぎることなく、かといって隠れすぎない絶妙なバランスを保っているのだ。これは見事。



単調になりやすい熱中症対策飲料だが、6種類の果汁やエキスによって複雑な味わいが楽しめるのは『グリーンダ・カ・ラ』の最大のメリット。ゴクゴクと飲めるので600mlの大容量なのも嬉しい。



ブランドサイト

■コカ・コーラシステム『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』

4つ目は「ファンタ よくばりミックス」シリーズ第3弾となる『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』。通常の「ファンタ」はフルーティーな味わいを楽しめる定番シリーズだが、本シリーズは健康サポート成分とビタミンを摂取できるシリーズ。

490mlPET・希望小売価格 税抜140円・2019年7月8日期間限定発売

今回は、夏本番を迎えるための熱中症対策飲料として発売されたというわけだ。今回ピックアップした5商品の中で唯一炭酸を使用している。他とは違う角度で灼熱から助けてくれるはずだ。

1本あたりのエネルギーは約176.4kcal、糖質は約44.1g、食塩相当量は約0.5g

原材料にはライチと食塩を使用。とくに食塩はまろやかな味わいが特徴の鳴門の焼き塩をセレクトしており、味へのこだわりが感じられる。そのほか、ビタミンB群に属するパントテン酸やナイアシンも入っており、食塩補給だけでなく、身体の栄養補給もしてくれるのだ。



香りを嗅いでみるとライチフレーバーの爽やかな甘みがよく再現されている。例えるならマスカットに近いだろう。これまでの3商品ともしっかりと差別化されているので、香りで選択するのも面白いかもしれない。



炭酸を舌で受け止めつつ、ゴクゴクと身体の中へ。無果汁ながらも、ライチらしい甘酸っぱい味わいが口いっぱいに広がる。炭酸ならではの爽快感も気持ちいい。



1つ残念なのは、炭酸によって詳細な味わいを感じにくいこと。この爽快感はメリットではあるのだが、せっかく鳴門の焼き塩を使用しているのに分かりにくくて勿体ない。甘味の輪郭がはっきりとしているのは食塩のおかげだと思うのだが、判断が難しいところ。



炭酸の刺激は気持ちいいが後味に少し甘さが残る。炎天下の空の下では評価が分かれるポイントだろう。とはいえ、塩分補給ができる珍しい炭酸タイプの熱中症対策飲料。刺激を感じたい人のおすすめの1本だ。

ブランドサイト

■キリンビバレッジ『世界のkitchenから ソルティライチ』

「世界のKitchenから」は、日本だけでなく、世界の家庭で実践されている独自の知恵や工夫を取り入れたシリーズ。『世界のkitchenから ソルティライチ』は、タイ・チェンマイの家庭の「ローイゲーオ」と呼ばれる料理をヒントに作られた果汁飲料だ。

500mlPET・希望小売価格 税抜143円・2018年5月1日発売 2011年誕生。リニューアルを繰り返し、現在は昨年5月に行われた配合・デザインで販売されている

「ローイゲーオ」は、旬の果物を塩と砂糖に漬けて作るデザート。ソルティライチの原型と言われているが、本場ではライチに限らず甘酸っぱい果物で作るものとして扱われている。本商品も、ライチを中心にグレープフルーツとぶどうの3つを混合した10%果汁となっている。



実はこの商品で一番こだわっているのは果物ではなく食塩の方。ライチの味わいをぎゅっと引き出すために、世界各地の食塩を使い試作を繰り返している。

1本あたりのエネルギーは170kcal、糖質は約42.5g、食塩相当量は0.55g

検討の結果、選ばれたのは沖縄海塩。伝統の平釜製法で職人が作りあげた一級品を使い、しょっぱさだけでなく優しい甘味を感じられるようにしたのだ。



そのこだわりを確かめるべく、グイッとひと口。確かにライチの芯の通った甘味をスーッと感じられる。例えるなら、スイカに塩をかけた時のような輪郭がはっきりとするイメージだ。決して甘すぎず、控えめなままなので甘ったるくなく飲みやすい。



グレープフルーツの効果もあって酸味もしっかりとあるし、キュッと全体を引き締める爽やかさもある。個人的にはグビグビと飲むより、丁寧に味わいたい美味しさだ。



ブランドサイト

■美味しさは十人十色。好きなフルーツや味わい、食塩相当量で選ぼう

5商品の紹介を行ってきたが、全て個性がしっかりとしたものばかり。物理的な刺激が欲しい人は『ファンタ よくばりミックス ライチ+ソルト』がおすすめだし、食塩をしっかりと摂りたい人には『熱中対策水日向夏味』がおすすめ。



さっぱりとしたうめの『サントリー天然水 うめソルティ』やライチとグレープフルーツのコラボレーションが光る『世界のkitchenから ソルティライチ』は唯一無二の味わいだった。『グリーンダ・カ・ラ』は6種類の食品の味を楽しめるエンターテイメント性も兼ねそろえている。

この夏は、爽やかなフルーツ味のドリンクで美味しく楽しく熱中症対策をしてみてはいかがだろうか。

当記事はおためし新商品ナビの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ