みんなの中で隠れて手繋ぎ…男子をメロメロにする自然で積極的なスキンシップ 『恋ステ』#2大阪男子×名古屋女子編 

AbemaTIMES

2019/8/14 07:00

 8月13日(火)よる10時~、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」』(通称『恋ステ』) #2が放送。名古屋女子のスミレが持ち前の“モテ力”を発揮し、注目を集めた。


 本番組は、遠く離れた場所に住む高校生の男女グループが、週末にホームステイを行う恋愛リアリティショー。会うことができるのは、3週間のうち週末2日のみ、合計6日間。限られた時間の中で繰り広げられる、現役高校生たちの恋愛模様に密着する。“ピュア恋見届け人”として、スタジオで高校生たちを見守るのは、ゆいP(おかずクラブ)と工藤大輝(Da-iCE)だ。

大阪男子×名古屋女子編の男子メンバーは、浪速のハッピーボーイ・橋本龍旺(りお/高2・16歳)、負けず嫌いの好青年・新屋麗王(しんや/高3・17歳)、恋に憧れるサッカー男子・中村晴大(はる/高3・17歳)。女子メンバーは、大人っぽい最年少のおっとり女子・山田真永(まえ/高1・15歳)、活発なスポーツ女子・丹羽すみれ(スミレ/高3・17歳)、人見知りのハーフ女子・アンネ(高2・16歳)。この6名で特別な週末の恋がスタートした。
リアクション上手なスミレにMC陣も感心


 初日の動物園デートで、スミレはりおとはる、2人の男子と2ショットになった。初めにスミレはりおと園内を散策し、第一印象ではアンネを意識していたりおが、自分を誘ってくれたことに対し「めっちゃ嬉しかった」と素直に喜びを表現。ペンギンが寄ってくれば「こんにちは」と声をかけ、「みんな挨拶しに来てくれる」と笑顔を見せた。


 終始ノリ良くデートを楽しむスミレを、スタジオのMC陣も絶賛。ゆいPは「リアクションがかわいい」「この子モテるだろうな。男の人が喜ぶ女の子を詰め合わせたような子」などとべた褒めしていた。

さり気ないボディタッチではると急接近


 第一印象で気になっていたはると2ショットになると、スミレはさらに本領を発揮する。はるのカバンの紐がねじれているのに気づき、スミレが直してあげると、ゆいPは「この子はこういうことできちゃうんだよ」と感心した。


 アトラクション「ふしぎたんけんの館」では、自然なボディタッチを連発。「真実の口」に手を入れて驚いた拍子や、「斜めの部屋」で体を真っすぐ立たせようとした際に、はるの体に触れた。アトラクションを楽しみながらのボディタッチを、工藤は「嫌味がない」と高評価。ゆいPも「コミュニケーション能力が高い」「これは好きになるわ」と熱弁した。
他のメンバーには内緒!初日の最後に手を繋ぐ


 初日の締めくくりにメンバーたちが訪れたのは「スカイプロムナード」。スミレとはるは横に並んで座り、しんや、まえと共に4人で名古屋の夜景を眺めた。「一日目でこんなキュンキュンすると思わなかった」と言うはるに、スミレは「明日はもっと楽しもう」と返し、良いムード。


 そんな中、ミストと光による演出が始まり、展望台はさらにロマンチックな雰囲気に。すると、スミレは小さな声で手を繋ごうと提案。スミレとはるは他の2人には内緒で、こっそり手を繋いだ。


 後にスミレは、この時のことを「今日最後だから思い出作っておきたいなって思って」と振り返りつつ、「本当は向こうから繋いでほしかったですね」と本音をポロリ。一方、はるはすっかりスミレに心を奪われた様子。第一印象ではまえを意識していたが、「今一番気になっているのはスミレちゃん」と、心変わりを明かした。

こうして好調なスタートを切ったスミレだったが、早くも次回には「自信ない」と涙…。スミレに一体何があったのか!?『恋する♥週末ホームステイ』#3は、8月20日(火)よる10時~放送される。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ