アメリカン航空、長距離線5路線を来夏開設 カサブランカへ初就航

Traicy

2019/8/14 06:16

アメリカン航空(ボーイング787-8型機、ボーイング787-9型機)アメリカン航空は、来夏スケジュールに長距離路線5路線を新たに開設する。

シカゴ~クラクフ線は5月7日から10月23日まで、シカゴ~ブダペスト線を5月7日から10月24日まで、シカゴ~プラハ線を5月8日から10月24日まで、フィラデルフィア~カサブランカ線を6月4日から9月8日まで、ダラス/フォートワース~テルアビブ線を9月9日から通年でそれぞれ運航する。

シカゴ~クラクフ・プラハ線はボーイング787-8型機で週5便、シカゴ~ダブペスト線はボーイング787-8型機で週4便、フィラデルフィア~カサブランカ線はボーイング757型機で週3便、ダラス/フォートワース~テルアビブ線はボーイング787-9型機で週3便を運航する。

アメリカン航空による初のアフリカ路線の進出となり、カサブランカへ直行便を運航する唯一の航空会社となる。ワンワールドに加盟する、ロイヤル・エア・モロッコのフライトへの接続で、アフリカ各地への接続ができるようになる。

航空券の販売は、8月12日より開始する。ダラス/フォートワース~テルアビブ線のみ、10月10日より販売を開始する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ