「ネイルサロンで道具が殺菌されている確証ない」クリアネイルで重度の感染症に(豪)

このほどオーストラリアから、ネイルサロンで爪の手入れをしてもらった後に感染症で苦しむ羽目になった女性の一報が届いた。女性の指は真っ黒に膿んでしまい、指を失うかもしれないほど深刻な状態だったという。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

オーストラリアに住むジェニーさん(Jenniとだけ伝えられている)は7月中旬頃、ニューサウスウェールズ州タガーアーのネイルサロン「パール・ネイル」でいつものように爪の手入れを行った。クリアネイルにラメが入った可愛らしいネイルだが、ジェニーさんの右手中指の爪の根元が赤く腫れ始めた。

当初は少し腫れている程度だったが、その1週間後に急に痛みが激しくなり7月29日の深夜にワイオングにある緊急病院へ向かった。感染症と診断されたジェニーさんは抗生物質を処方され、対応した医師に整形外科で診察が受けられるよう予約を入れてもらい、お昼頃に帰宅した。

病院から戻ったジェニーさんは処方された抗生物質を服用し一日中安静にしていたが、指の腫れは引くどころかますます大きく腫れあがっていった。痛みに耐えられなくなったジェニーさんは、31日に再び緊急病院で診てもらった。

すると医師から、感染した病変部を取り除くために手術が必要だと告げられてしまった。8月1日に手術をすることになりジェニーさんは入院したのだが、緊急患者が入ったため手術は2日に延期された。その間も指の症状はひどくなる一方で、手術直前には中指全体が黒く腫れあがり膿が滲み出ていた。

手術は無事に終わり、数日後には退院して回復に向かいつつあるが、ジェニーさんは今回の経験をもとにFacebookのグループページに自分の指の写真を投稿して警告を促した。

「これはネイルサロンの後で起こり得ることを警告するものです。私はタガーアーのパール・ネイルに通い続け、これまで何の問題もなかったのです。それどころか他の人にもお勧めするほどでした。しかし後になって考えてみると、パール・ネイルが素晴らしい衛生管理をしているという記憶が私にはありませんでした。」

「使っている道具はネイリストが顧客から次の顧客へと使用します。しかしその道具は殺菌されているという確証がありません。私はそのことについて、特に問題が起こるとも思わず何の心配もしていませんでした。私はサロンに対して報復するためにこれを投稿したわけではありません。ただ他の人が自分と同じ目に遭わないようにして欲しいだけなのです。」

感染症によっては、指のささくれ程度の傷からも重症化するケースがあると言われている。ネイルサロンでなくても、たとえば自分で指先の甘皮処理をする際には衛生面を気遣う必要がありそうだ。

画像は『The Sun 2019年8月5日付「BUMPY RIDE Woman nearly lost her finger when a little red bump turned into a flesh-rotting infection after a trip to the nail salon」(Credit: FACEBOOK)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ